投資実務

スポンサーリンク
投資実務

【驚愕】「アレクサ、冬のボーナス全額、VOOにブッパして!」「…すみません、理解できません」。マネックス証券、『Alexa』でETFの買い付けが可能に。

マネックス証券は6日、同社の資産運用サービス「マネックスアドバイザー」を利用する顧客が米アマゾン・ドット・コムのスマートスピーカー「アレクサ」を搭載したデバイスに話しかけることで国内上場投資信託(ETF)の買い付け注文と注文約定の照会が可...
投資実務

【朗報】つみたてNISAを始める投資初心者がYukiの周りで続出!もしかしてリセッションは近いのか?私が投資初心者に伝えたいこと。

当ブログでも何度か取り上げているように、私は今まで、自分が投資をしていることを周りの人に公言し続けてきました。そして私は自分の周りに投資家を増やしたいと常日頃から思っていました。 実は当ブログを始めたのも、『同年代の投資家を増やした...
投資実務

【超絶朗報】DMM.com証券、米国株の取引手数料無償化!まさかSBI証券より先立って無償化されるとは…思わぬ伏兵の出現でまたも手数料戦争が勃発か?

私も別のサービスでお世話になっておりますDMM.comより、昨日とても素晴らしい朗報が届きました。 株式会社DMM.com証券が提供する株式オンライントレード【DMM 株】は、2019年12月9日(月)現地約定分から、米国株式取引手...
スポンサーリンク
投資実務

【考察】つみたてNISAを取り崩すタイミングはいつがベストなのか?

以前、記事にもしました通り、政府は今後現行のNISAとつみたてNISAをつみたてNISAと『積立型』NISAへと変更するつもりのようです。 ハッキリと言って、『積立型NISA』はあまり良い制度とは思えず、これから投資を始める...
投資実務

【超絶朗報】つみたてNISAでお馴染みの『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』、10月に続き2ヶ月連続でランキング1位に!

まさか、2日連続で『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』を称えることになろうとは思いもしませんでした。SBI証券が誇る当ファンドが、なんと10月度に続き、11月度でもつみたてNISAランキングと積立件数ランキングで2冠...
投資実務

【朗報】株と投信の売買手数料ゼロへ。つみたてNISAを併用すれば投資環境は今までで最も良い状態に。

日経新聞によれば、インターネット取引を主力とするカブドットコム証券と松井証券は、年内にそれぞれ信用取引と投信で撤廃する。カブドットコムは来春に現物株取引でも着手する計画だ。 昨今、ネット証券各社で個人の株式や投資信託の売買手...
投資実務

【超絶朗報】つみたてNISAで大人気!SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド、わずか2ヶ月で資産50億円突破!

以前にも記事にしましたが、SBI証券が誇る優良インデックスファンド『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』が設定来わずか2ヶ月で純資産が50億円を突破したとのお知らせがモーニングスターより発表された。 子会...
投資実務

【悲報】政府、つみたてNISAとは別にNISAの『積み立て型』を新設へ。一般NISAを残す意味はあるのか。

ここ数日、毎日新しい情報が流れているNISA制度についてですが、今朝の報道によると、政府・与党は、「少額投資非課税制度(NISA)」の一つである「一般NISA」を刷新する方針を固めた。とのことです。 現在の一般NISAは20...
投資実務

【悲報】今月は配当金が少ないなぁ…管理人Yukiの配当金戦略。〜Show me the money!〜

今週、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)より配当金を頂きました。日本円にしておよそ1万2千円。不労所得だと考えれば、十分な金額です。ですが、今月はこのプロクター・アンド・ギャンブルからの入金だけなので、保有資産額から考えると少し寂しい...
投資実務

【悲報】ジム・ロジャーズ氏「30年後に日本は終了する」迫り来るリセッションの足音。

ここ数年、韓国と北朝鮮への投資に熱を上げている、『冒険投資家』ことジム・ロジャーズ氏は、朝鮮半島への投資が上手くいかないために反日的な発言を繰り返している。 別に日本を貶めたところで朝鮮半島がアジアで最も有望な国になることは...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました