【悲報】手取り21万円で毎月5万円貯蓄する主婦のヒミツ…

マネー論
スポンサーリンク

日刊SPA!に非常に興味深い記事が投稿されているのを見つけてしまいました。

手取り21万円で毎月5万円以上も貯蓄する40歳女性、賢い節約のヒミツ | 日刊SPA!
新型コロナでより深刻度が増した貧困問題、それに追い打ちをかけるインフレの嵐――。ただでさえ厳しい暮らしを強いられている低所得者層の生活が今、インフレによって脅かされている!タダの品を狙う!インフレ時…

インフレの嵐によって生活が困窮していく中、手取りが21万円で毎月5万円の貯蓄をしているという主婦の記事が話題を呼んでいる。

「うちの月の手取りは21万円。住宅ローン5万円のほか、値上がりした光熱費2万円やガソリン代1万円は大きな出費ですが、変わらずに貯金できています」  そう話すのは、夫と息子とともに千葉県に暮らす進藤由美さん(仮名・40歳)。やりくりの秘訣は食費と趣味・娯楽費を月3万円以内に収めることだ。

やりくり上手で、節約できるのは結構なことだが、ここからが問題だ。

食費はボランティア活動の一環で出てくるタダ飯を食らい、懸賞サイトに応募しまくって嗜好品や日用品を手に入れているという。

「食事は、子供食堂のボランティアスタッフとして参加。こちらで私たち親子も一緒に食事することで、少なくとも週3回は夕飯代が浮いています。懸賞も毎月60以上のサイトに応募して、お酒やお菓子などの嗜好品は買わずに済んでいます」 

手取り21万円で毎月5万円の貯蓄をする主婦のヒミツは、そのままヒミツにしておいた方が良かったと思えるレベルの内容なのである。

また、ここまで節約をしておいて、自身は専業主婦であり、パートなどの収入を得る活動はしていないという点がさらに炎上に拍車をかけている。

「このご時世、パートの給与はどこも安い。節約に専念したほうが結果的に得ですね」

毎週、買う予定もない住宅の展示場に行って、暇つぶしをしつつ乞食のような活動もしているという。こんな客も相手にしないといけないとは、住宅の営業マンもラクではない仕事だと思います。

また、ハウスメーカーが開催する住宅展示場のイベントめぐりをルーティンにしている。  「毎週1回は参加し、景品の玩具や日用雑貨をゲット。スタンプラリーなど毎回違う催しがあって飽きないので、子供との娯楽費も0円で済んでいます。節約の秘訣は“買い物”を避け、無料の品を貰うことですね」

こんなことしてる暇があるなら、正直週に2回でもパートにでも行ったほうがまだ家計にとってプラスになりそうなものだが、彼女はよっぽど労働生産性が低いのだろうか?と疑いたくなる。

まぁ、本気で家族全員が楽しんでやってるなら、何も言うことはありませんが、息子が大きくなったときに、「あの頃の生活は今思い出すと嫌だったな…」とならないことを祈るばかりです。

最近は、ネット上でも過激なほどの節約を促すような投稿や記事を見かけますよね。制度として問題なくても、モラル的にどうなの?と思うような内容ばかりです。

我々日本人は、同じ日本人に対して、常識的で協調性があり、どんな状況においても、他人に迷惑をかけたり傷つけるようなマネはしないと、あらぬ幻想を抱きがちですが、所詮は貧しくなれば、武士道なんてどこ吹く風で、さもしい乞食ばかりに成り下がってしまうことでしょう。

近年になって、そういう輩が目につくようになったのは、何もインターネットやSNSが普及してきたからと言うわけではないはずです。iPhoneが市民権を得て、SNSが浸透し始めた10年ほど前と比べてみても、今の日本人の『民度』は相当落ちてると私は思います。

これからどんどん貧しくなる方向しか見えない日本は、他のアジア諸国同様に、軽犯罪や、モラル的に重大な問題があるトラブルがそれなりに発生する国になっていくのではないでしょうか。

預かり知らぬところで節約と称して勝手に乞食活動をするのは好きにすれば良いですが、これをメディアが取り上げ始めると、模倣犯が出てきて、さまざまなサービスに制限が付けられ、ますます生きづらい日本になっていくのではないかと心配しています。

お金が無いというのは、やはり罪なことだなと改めて感じた記事でした。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました