【朗報】アメリカの大富豪一族、日本株を大量買い!

投資の考え方
スポンサーリンク

米国最大の小売業、ウォルマートを創業したウォルトン家が今、日本株を大量買いしているということが分かりました。

米ウォルマートを創業したウォルトン家のファミリーファンド(投資会社)は、ここにきて日本株のETF「iシェアーズMSCIジャパンETF」を2億3930万ドル(約306億円)購入していたことが明らかになっている。米国で最も裕福な一族がいま日本株を大量に購入しているのだ。

米国で最も裕福な一族も日本株を大量購入 なぜいま「日本株買い」なのか?
 人は常に合理的な行動をとるとは限らず、時に説明のつかない行動に出るもの。そんな“ありのままの人間”が動かす経済や金融の実態を読み解くのが「行動経済学」だ。今起きている旬なニュース…

 足元では、米国の利上げで米グーグルやアップルなどのGAFAをはじめとする「グロース株(成長株)」が売られ、「バリュー株(割安株)」への見直しが始まっているが、世界の投資家の間では“日本株こそ割安なバリュー株”と見られており、ウォルトン家の日本株買いも、まさにそのひとつと言えるのではないか。 


 市場関係者の間では、これまでのバブル相場を牽引してきたグロース株にまだまだ妙味があるといった見方も根強い。行動経済学では、そうした枠組み(フレーム)にとらわれて意思決定することを「フレーミング効果」という。だが、目端の利く富裕層はその裏をかいて日本株買いに走っているのだ。 


 実際、日米の株価の年初からの値動きを見ても、日本株の下落幅は米国株よりも小さく、日本株を見直す動きが垣間見える。「給料が増えないのに値上げばかり」と嘆く前に、お金持ちの行動パターンに倣う手もある。資産を防衛する手段は、この国にも残されているのではないだろうか。

300億円以上も日本株を買われたということで、日本のメディアは日本株がこれから復活するような錯覚を見せようとしているのかもしれませんが、ウォルトン家の総資産は、推定1,900億ドルとも言われており、日本円にして約25兆円という莫大な資産を有する大富豪である。

そう考えると、ウォルトン家にとっては総資産の約0.1%にしか満たない投資に過ぎず、例えるなら、貯金が100万円の人が1千円だけ少額投資するようなものである。

ウォルトン家にとっては、投資先が見当たらないからちょっとだけ分散投資しておくか。という程度なのではないでしょうか。

日本株の下落が米国株よりも小さく見えるのは、米国が利上げを断行してきたのに対して、日本が「何もしてこなかった」からであり、株価の下落幅が小さかったとはいえ、日本円の価値がこれだけ大きく下がっている今、「日本株の下落は大したことなかったよね」では済まされないのではないでしょうか。

確かに、米国の有名人が投資をしたと聞くと、浮き足立ってよく調べもせずに日本株に投資する人がいらっしゃいますが、そういう有名人の後追いの投資方法では、運よく安くで投資することができても出口戦略を考えることができず、ちょっとでも下がってしまうと焦って手放してしまうことになりかねません。

とはいえ、世界的に株価が調整した現状、そろそろ投資冥利が出てくる優良企業もちらほら見受けられるようになってきました。そういう投資先は、自分で調べて納得した上で買うのが一番なのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました