【悲報】官房長官さん、「投資環境損なわないように金融所得課税強化するゾ〜^^」

社会・政治
スポンサーリンク

ロイターの報道によると、松野博一官房長官は9日午後の会見で、金融所得課税の強化については一般投資家が投資しやすい環境を損なわないよう十分に配慮して検討していくとの方針を示した。

金融所得課税強化の検討、投資環境損なわないよう配慮=官房長官
松野博一官房長官は9日午後の会見で、金融所得課税の強化については一般投資家が投資しやすい環境を損なわないよう十分に配慮して検討していくとの方針を示した。

岸田文雄首相は5日にロンドンで行った講演の中で「資産所得倍増プラン」を打ち出したが、岸田政権が検討を進めようとしている金融所得課税の強化との関係を質問された松野官房長官は、同プランはNISA(少額投資非課税制度)の抜本的な拡充などで国民の預貯金を資産運用に誘導する新たな仕組みの創設を検討していくものであると説明。

その際に2022年度の与党税制改正大綱で示された「一般投資家の投資しやすい環境を損なわないよう十分に配慮して諸外国の制度や市場への影響をなどを踏まえ総合的な検討を行う」ということに対し、十分に配慮して検討していくと述べた。

こいつら、マジで何言ってんだ??????

誰でもわかることだと思っていたが、金融所得課税の検討が投資環境を損ってるわけです。そういう認識がない時点で、彼らは小学生からやり直した方が賢明なのではないだろうか。

国民が投資しやすい環境を作るというのであれば税金は下げるのが普通だが、むしろ上げていくというのである。しかも貯蓄から投資に誘導して、どんどん税金を取ろうと言うのが彼らの目論見です。これでは日本人が投資しようと思えないのも当然です。

そう言えば、「NISAに課税する」とか言ってた頭のおかしいおじさんも政治家を続けていましたよね。

この国、本当に経済オンチでバカな政治家しかいないんでしょうか・・・?今の政治家たちの年齢は、バブル期に若かりし頃を経験した人が多いので、特に経済に関しては時代錯誤の認識しか持っていないように感じます。

あまり政治を批判したくはないのですが、今の政権が続くと本当に日本経済にとどめを刺すことになりかねないので危惧しかありません。

官房長官のこういった発言が国際的に取り上げられる時点で、一体どこが「Invest in Kishida!」なんでしょうねぇ・・・

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました