【悲報】「わざわざGWに旅行する人はお金が貯まらない」ことが判明…

マネー論
スポンサーリンク

どうもこんにちは。管理人のYukiです。今年のGWは1週間ほど国内を色々と旅行し、昨晩東京に帰ってまいりました。

国内でも初めて訪れた県もいくつかあり地方に行けば行くほどマスクをしていない人の割合が多くて荒れてるなと感じたところもありますが、とてもゆっくりできて彼女も満足してくれたので全体的に満足できる旅でした。

しかしそんな旅の途中で少しテンションが下がる記事を発見してしまいました。

「わざわざGWに旅行する人はお金が貯まらない」1億円貯まる人が旅の代わりに連休中にしていること "家族の思い出づくり"のために旅行する人は貧乏神に取りつかれる
GW真っ只中だが、お金持ちは休暇をどう過ごしているのか。ファイナンシャルプランナーの藤川太さんは「GWに旅行にでかけるお金持ちはあまりいません。それは旅行の目的が一般の人とはまったく異なるからです」という――。

プレジデントオンラインによると、「わざわざGWに旅行する人はお金が貯まらない」ということだ。

今年のゴールデンウィーク(GW)は、昨年と比較して、多くの人が出かけているのではないでしょうか。海外はいまだ待機期間が必要なケースも多いですから、国内の観光地が人気のようです。コロナ禍で出かけられなかったストレスを少しでも解消できれば――。そんな気持ちで、ちょっと豪華な旅行を楽しんでいる人もいるかもしれません。

では、資産1億円を持つようなお金持ちはどんなGWを過ごしているでしょうか。私が知っているお金持ちの人たちは、GWにはあまり旅行に行きません。GWのようなレジャーのハイシーズンは、ホテルの宿泊費も高くなりますし、観光地は人であふれます。「かえって疲れるから、そんな時期に出かけたくない」と考えるのです。

もちろん、医師や会計士などの専門職の人は、長期で休暇がとれる時期は限られており、平日に出かけるのが難しいので、やむをえずGWに出かける人もいます。そうした事情がある場合は別ですが、基本的には他の人が旅行に出かけない時期にゆっくりと出かけています。旅行に限らず、お金持ちは一般の人とは逆張りの暮らしをしているのです。

お金持ちになるには、確かに『逆張り』の生活をするのが大切だとは思いますが、普通の会社員である私たちにとっては、ゴールデンウィークなどしかまとまった休みを取ることが難しく、仕方ないところではないのではと思います。

お金持ちは家族と旅行にはいかないとも書かれていますが、家族との思い出作りや、それに伴う子供の情操教育は、将来子供がお金持ちになる可能性を高めるためにも決して悪いことではないと思います。

もちろんお金持ちであれば、子供を留学させるという話を聞くのはよくあることでしょうが、それ以上に子供が幼い頃には旅行をしたりして、それこそ海外へ行って見識を広めることを優先していたかもしれません。お金持ちにとってはそれは当たり前のことなので話すまでもないほどのことだったというだけかもしれませんね。

私の彼女も外国人ということもあり、子供ができたら最低限、幼い間に彼女の故郷があるような国へは連れて行って、色んな国や考え方があるということを経験してもらいたいと考えています。まあ、我々は本物のお金持ちと言えるほどの資産があるわけでは無いのでこういう考え方なのかもしれませんが・・・

まあ、GW中はホテルが割高になったり、どこに行っても混雑していたりと、賢明な判断ではないことは認めますが、そこまで躍起になって節約したり投資のことばかり考えなくても、1億円程度の資産であれば、若いうちからコツコツと少額ずつでも投資を続ければ普通の会社員でも十分に達成できる金額だと思います。

仕事をするときはしっかりとして、遊ぶときは切り替えて楽しむという生活をしている人の方がエネルギッシュで収入が高い人が多いとも感じます。会社員や専門職などの長期休暇を取れる時期が決まっている人たちはこういう記事を鵜呑みにせず、大型連休を楽しめる生き方をして欲しいなと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました