【悲報】弊社、ブラック企業だったのかもしれない・・・

雑記
スポンサーリンク

こんにちは。管理人のYukiです。私は転職のため5月のGW明けから新しい会社に勤めることが決まりました。

そのためこの3月4月は引継ぎをしており、決算期も重なって非常に忙しい日々を送っているのですが、4月に付与された有給休暇をすべて消費するため、4月末の退職とはいえ、実質的な稼働日数はあと数日となりました。

しかし、最終出社日が迫っているのにいまだに業務の一部は引き継ぐことができておらず、最終出社日すらも残業して新しい社員さんや派遣さんに引継ぎ業務をしなければならなくなりそうです。

そういう事態を嫌って、私自身も退職の最終出社日から2カ月前くらいには上長にも退職の旨を伝え、引継ぎのための資料作成なども進めてきたのですが、退職を伝えたにもかかわらず、今までよりも業務が増えたことに加えて引継ぎの準備もしなければならない状況だったので、残業もかなり増え、非常につらかったです。

前回の記事でも触れましたが、前期から上司が変わり社内の空気が大きく変わりました。この1年で正社員・派遣社員合わせて10名以上が退職し、明らかに人手不足感が否めないのですが、新しく中途採用することもままならない状態が続いています。

というのも、それなりの経験者を採用するために内定を出すのですが、給与面で不安視されて求職者側からお見送りされるというケースが続いているようだ。個人的にも、稼いでいるのだからもっと若手社員にも還元すればいいのにと、投資家らしからぬことも考えさせられています。

もちろん役職者になればかなり給与面ではアップしますが、それ以上の激務が想定されるので、誰も進んで役職者になろうとは考えないのでしょう。私も1年くらいしか経験しませんでしたが、正直言ってもうやりたくありません。

そんなこんなで、優秀な若手からどんどん辞めていって人手不足になった結果、最終出社日まで引継ぎに奔走することになるとは、予想していたとはいえ非常に残念です。

計画性が無く、今現在を乗り切ろうとすることで必死なので、計画的な採用をしたりすることができず、仕事が回らなくなっているのは完全にマネジメント層の怠慢だと感じます。マネジメント層がマネジメントしないんだから、人が定着するはずもありません。

これが日本の東証一部・・・いや、東証プライム上場IT企業の1社なんだなと感じると、やっぱり日本企業って仕事の属人化が進みすぎなんじゃないかなと思います。退職のタイミングになってよく分かります。結局はホワイト企業というほど良い会社ではなかったんだなって・・・

まあ、有給休暇をすべて消化することができる時点で、「本物」のブラック企業の従業員からは袋叩きにされてしまうでしょうから、ブラック企業とは言いませんけどね。

ただ、辞めることが決まって通知してからの数カ月間の会社側の対応には、不満しかのこっていないのは事実です。日本企業はどこもこんな感じなんですかね・・・そりゃFIREも流行りますわ。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました