【悲報】「貯金ゼロの人!」という呼びかけに続々と群がる人々・・・

マネー論
スポンサーリンク

3月末頃、とある掲示板にて、「貯金0の人」というトピックが盛り上がっていたという。

「貯金ゼロの人!」という呼びかけに続々と……「給料日から5日目なのにもう金無い」「45歳貯金0でーす」 | キャリコネニュース
[caption id="attachment_133319" align="alignnone" width

トピ主は年齢など明かしていないが、「へそくりも貯金もない方っていますか?」と切り出すと

「私は親から貰った100万を使い切ってしまい、仕事のストレスで浪費が止まらず貯金もできません」

と明かした。また「罪悪感と焦りで精神的におかしくなりそうです…」と悩んでおり、同じような状況の人に「励まし合いませんか?」と呼びかけた。

トピックには、「29歳貯金ゼロだよ?」「33歳で0です」「48才独身貯金ゼロ」などコメントが次々に書き込まれていた。

「27歳0です。お金あるだけ使ってしまう。先取り貯金出来ません」
「給料日から5日目なのにもう金無い」
「45歳貯金0でーす。仕事は頑張ってるけどストレス発散してしまったりして溜まらなくて困ってる」

他にもかなり闇を抱えた投稿がちらほら散見された。

「浪費している訳でもなく必死に働いてるのに生活でいっぱいいっぱい」と書いた人は、「ブラックで残業代も出ない中こきつかわれてるから転職しようにも常に疲れててそんな気力ないし、仕事辞めたらそれこそ生活できないし、もう詰んだ」と綴っていた。

「親」については、「昔はリッチで貯金いっぱいあったのに母に支援してたらすっからかん。こんな風になるなんて私も母も思わなかった…」という声が。親に「むしり取られる」といったコメントもチラホラあった。

少ない収入から親を支援しているが、ストレスで浪費に走ってしまう……といった二重苦・三重苦の人もいた。

貯金が無いため、いざというときにどうしたらいいのか見当もつかないという声も多かった。

「病気で働けなくなったら終わりだ…怖い…」

「病気にかかって貯金ゼロになるのは絶対避けたい」

匿名掲示板のため、どこまでが本当でどこからがウソかは分かりませんが、匿名掲示板に書き込むような人間の心理として見栄を張って良い方向にウソをつくことはあっても、貯金ゼロなどという悪い方向にウソをつくことはあまり無いのかなと思うので、これがリアルな声なのかもしれません。

スレにも現れたような、40代でも貯金がゼロという人も決して少なくはありません。金融広報中央委員会の調査によると、40代で貯金ゼロの割合はおよそ35.5%とのこと。少なくとも40代の3人に1人以上が貯金ゼロでその日暮らしをしていることが分かります。

40代ともなると、前述のような病気のリスクもどんどん高まっていきますし、若いころのように身体を動かしてお金に換えるのが難しい年代になってきます。そう考えれば、40代に入るころには、最低限でも自分の年収程度の金融資産は保有しておきたいです。

しかしそれは現実的ではないのかもしれないです。前述の金融広報中央委員会の調査によれば、40代の平均貯蓄額は666万円と、年収程度の貯金は出来ているようだが、その中央値はわずかに40万円。全体の35.5%を占める「貯金ゼロ」世帯が足を引っ張っているようで、40代の貯蓄額の中央値は、わずかに彼らの月収程度にとどまっているのである。

20代で貯金する習慣が無ければ、そのままズルズルと貯金ゼロで年を取って、40代でも貯金ゼロ世帯に入ってしまうことになります。だからこそ少しでも若い今のうちから貯金をはじめとした”余剰資金”を生み出す家計の仕組みを構築しなければなりません。

初心者向けとして、まずは手取り収入の1割程度を「初めから無いモノ」として貯金していくというのが一般的です。収入が低いなら、今の仕事に見切りをつけて転職するか副業するかという選択が必要になります。ブラック企業に勤めてしまって転職する気概も起きないという人でも、心の奥底では、結局は今の状況に収まることを望んでいるケースが多く、重い腰を上げて転職活動を始めれば意外とすんなり転職先が見つかったりするものです。

貯金ゼロは、今まで歩んできた人生の結果です。どこかに問題があったのだろうと言わざるを得ません。その状態から抜け出すためには、問題のある今の状況を変えていくしかないだろうと私は思います。

これからは、貯金ゼロの人を募集しても全くスレが伸びないような、そんな国になればいいなと私は心からそう願っております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました