【悲報】東京ディズニーリゾート、謎のチケットを販売してしまう・・・

社会・政治
スポンサーリンク

先日、東京ディズニーリゾートがよくわからないチケットの販売を発表し、ネット上でプチ炎上している。

東京ディズニーリゾート『複数日来園パスポート』を発売(update)
東京ディズニーリゾート『複数日来園パスポート』を発売。2022年5月~2022年7月の複数日来園パスポート入園対象日において、各月2回(合計6回)、10時30分から入園可能なパスポートを販売します。このチケットは2022年3月9日5時~20

2022年5月~2022年7月の複数日来園パスポート入園対象日において、各月2回(合計6回)、10時30分から入園可能なパスポートを販売します。このチケットは2022年3月9日5時 ~ 2022年3月15日23時59分までの購入申し込みを受け付けますが、購入申し込みが一定数に達した場合は抽選販売となります。価格は大人・中人・小人共通 4万4400円です。

このニュースに対して、ディズニーファンも大激怒。ネット上では珍しく「これはいらない」という声が大きくなっている。

その複数日来園パスポートというのが、3カ月で6回(月2回)来園可能というパスポートなのですが、「指定の3カ月の間」、「平日限定で(月曜日・金曜日は使えない日もアリ)」、「10時半からの来園」かつ「事前に6回のうち4回は登録が必要」でありながら最終的な来園可能日の決定権は東京ディズニーリゾート側にあるという、縛りだらけの内容でした。

それだけ縛りがあるのに、価格は4万4,400円。予定通り6回とも来園することができたとしても、1回当たり7,333円程度と、それほどお得感が無いのが問題です。

近年、アメリカのディズニーワールドもとにかくお金を稼ぐことに注力しすぎてディズニーが持っているブランド価値を毀損しているように感じることがあります。その余波がついに日本のオリエンタルランドにも訪れたのかもしれないと考えると、ちょっと悲しい気持ちになります。

このような中途半端でお得感のないパスポートは全く望まれておらず、少々高くても、アメリカで再開したようにディズニーリゾートの年パスの販売再開が待ち望まれている。

ディズニーのブランド力は確かに強力かつ魅力的ではありますが、あまりにお金稼ぎに注力しすぎる経営者が舵を取ると、肝心のファンたちの心が離れていく結果になるかもしれません。

目先の収益だけにとらわれてしまっては、企業として長く存続することが難しくなってしまいます。ディズニーが無くなる日はさすがに想像できませんが、最近のディズニーリゾートからは、すでに創業者であるウォルト・ディズニーの心は死んでしまったように感じてしまいますね。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました