【雑記】管理人Yuki、転職先が決まりました!

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、管理人のYukiです。今年も早いもので3月に入り、毎日忙しい日々を過ごしております。

とはいえ、2月の半ばから3月の初めは経理部門にとってはそれほど繁忙期というわけではなく、仕事の方はかなりゆったりとした働き方ができている数週間でした。

最近、閑散期に入ると転職活動を始めて、良い企業からのスカウトや転職エージェントからの求人情報に目を通していたのですが、ついに先日、ここなら良いかなと思える企業様から内定をいただくことができました。

業界としては、歴史のある大手メーカーなので現職とのギャップはかなりあるのですが、給料面でも現職のベースを考えて少しプラスになりますし、何より30代初めの私が若手扱いですし、穏やかな方が多い企業ですので、現職よりものんびりとした働き方ができるというのが一番のメリットだと感じました。

さらに歴史あるメーカーとはいえ、基本的にはテレワークも可能で月に1回か2回ほどの出社に限られるということですし、古いメーカーならではの福利厚生もバッチリ揃っており、投資先としてはパッとしないですが、従業員として働くならこの上なく良い環境だなと思い、転職を決めました。

年収はあまりアップしませんでしたが、とある研究によると、幸福度と収入は比例するが、年収7万5,000米ドル(約800万円)で幸福度はほぼ頭打ちになるということが発表されています。

幸福度と収入の意外な関係…幸福度を高めるお金の使い方とは?|わらしべ瓦版(かわらばん)
収入が増えれば増えるほど幸福度も増すのでしょうか?幸福度と収入の関係についてご紹介します。

サラリーマンとして高年収を求めるのも良いことですが、年収をアップしすぎるとストレスがそれに比例してかなり上昇してしまいますので、私自身は、バランスの良い今の立ち位置が一番気に入っています。

会社からの収入に頼らなくても生きていけるように、私自身も20歳から投資を続けているわけですから、無理にガツガツ年収アップを目指さず、ライフワークバランスや周囲の人との良好な関係というものを重視してこれからは仕事をしていきたいと思います。

今の企業も同僚はものすごく良い人たちなのですが、上司が変わってから社内の空気が大きく変わりました。実際、この1年で正社員・派遣社員合わせて10名以上が退職しています。入社から2ヶ月ほどで退職した人もいるほどです。

上司になる予定の方ともお話をさせていただきましたが、ものすごく気のいいおじさんという印象で、もちろん面接だけで社内の雰囲気までは分かりませんが、経理部門のメンバーも多く、穏やかな働き方ができそうだなと感じました。

ということで、あと数ヶ月ほどで都内のIT企業経理マンから都内のメーカー経理マンにジョブチェンジしますが、転職先も副業も認められているようですので、これからも当ブログはのんびりとマイペースに更新していきたいと思います。

次こそは長く働ける会社だといいなと思いつつ、会社に過度な期待はしないようにと思っています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました