【悲報】マツコ・デラックスさん、20代若者に呼び掛け「これから凄い苦労する」

投資の考え方
スポンサーリンク

タレントのマツコ・デラックスさんが、今月21日放送の日本テレビ「月曜から夜ふかし」に出演し、持論を展開した。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

30~40代にアンケートを実施した結果、20代を振り返って後悔していることが「投資」だったと番組は紹介。これにマツコは「つまんない」と一蹴し「20代でちょこちょこやってたからって、それを元に大金持ちにはなれない。この世に美味しい話なんてない」と言葉に力を込めた。  20代をうまく乗り切っても「そのあと地獄が待ってるだけ」とも。

「20代は何やってもいい、逆に。関係ないからその後の人生に。20代で手応えあって大丈夫って思っても、とんでもない落とし穴が33歳で待ってたりするから。あなたたちはこれから凄い苦労するわよ。それだけは言っておく」と持論を交えながら観覧客の若者に訴え「甘い言葉なんて言わない。この世に美味しい話はないからね」と再度呼び掛けていた。

同番組でとったアンケート結果によると、30~40代が20代を振り返って後悔していることが「投資」だったという。現在の30代、40代が20代の頃ですから、21世紀に入ったころからですが、当時と比較すれば、世界中の株価が上昇しているわけですので、あの時から投資していればな・・・という人たちが現れてもなんら不思議ではないと思います。

マツコさんいわく、20代で貯めたような少額で投資を始めても大金持ちになることはできないということ。確かにそれは事実でしょう。私も20歳から投資を始めていますが、いまだに資産額は5000万円前後。億単位の資産を有する大金持ちとは決して言えず、年齢にしては小金を持っている程度の認識です。

しかし、誰しもが表舞台で輝けるわけでも、年収〇億円を目指せるわけでもない現状、少しでも若いうちから投資を始めてほしいという気持ちは正直なところです。20歳からコツコツと投資を始めていれば、マツコさんくらいの年齢には億単位の資産が見えてくるところまで成長させることも不可能ではございません。

とはいえ、20歳前後の若者には、自分の可能性を大きく広げるような活動に挑戦してほしいというのもあります。例えば英語が流暢に話せるだけで、日本人としてはかなりのアドバンテージがあり、年収が1千万円を超えるような仕事に就いたり、あるいは外資系でバリバリ稼ぎながら、退職金が億単位なんていう仕事を見つけることも可能です。

色んな挑戦をしつつも、少しでも勉強のために投資を始めて攻守のバランスを取るのが個人的には一番かなと考えています。

ただ、過去に『投資をしてこなかった自分』を責めて、後悔することはしてほしくないと思います。アンケートでは投資をしてこなかったことに後悔しているようですが、30代・40代ならこれからすぐにでも証券会社に口座を開いて投資を始めればいい話です。人生100年時代、まだまだこれから長い人生がありますから、今から始めても全く遅いとは思いません。

今始めなければ、10年後・20年後にまたしても後悔の念に駆られることになるでしょう。人生始めるなら今。いつだってそうなんだと思いますよ。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました