【悲報】JTさん、株主優待を廃止してしまう・・・

投資の考え方
スポンサーリンク

JT(2914)は14日取引終了後、22年12月期連結業績予想について、売上高2兆3150億円(前期比0.4%減)、営業利益5340億円(同7.0%増)、純利益3560億円(同5.2%増)、年間配当予想を150円(前期は140円)と開示しました。

あわせて発表した21年12月期連結営業利益は4990億2100万円(前の期比6.4%増)、純利益は3384億9000万円(同9.1%増)だった。引き続きたばこ事業が牽引しており、たばこ事業の運営体制強化施策及び葉たばこ耕作の面積調整に関する費用計上があったものの、営業増益を確保したという。

しかし、同社は2022年12月31日時点の株主を最後に、株主優待制度を廃止すると発表しました。

当社は、株主の皆様に当社グループ商品のご利用を通じて、当社グループの事業をより一層ご理解いただくことを目的に、2004年より株主優待制度を実施してまいりました。

しかしながら、この度、株主の皆様への公平な利益還元のあり方という観点から慎重に検討を重ねました結果、配当等による利益還元に集約することとし、株主優待制度を廃止することといたしました。

当社では、今後も株主の皆様への利益還元を重要な経営課題と位置づけ、企業価値の向上に取り組んでまいります。株主の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

日本たばこ産業[2914]:株主優待制度の廃止に関するお知らせ 2022年2月14日(適時開示) :日経会社情報DIGITAL:日本経済新聞
2022年2月14日 日本たばこ産業の開示資料「株主優待制度の廃止に関するお知らせ」 が閲覧できます。資料はPDFでダウンロードできます

JTの株主優待は、毎年12月末時点の株主に実施されており、従来の内容は「100株以上を1年以上継続保有する株主を対象に、保有株数に応じて食品などの自社グループ商品(2,500~13,500円相当、寄付も選択可)を贈呈」というものでした。

株主優待を廃止するというのは、人によってはかなりショックでしょう。優待目当てでJTを保有している個人投資家も少なからずいらっしゃったかと思いますからね。

しかしこれは、見方によっては良いことなのかもしれません。同社も配当などによる利益還元に集約すると主張しており、実際に10円の増配も発表しているわけですから、株主優待などというボンヤリしたものではなく、配当金によって株主へ還元していくという同社の意識の変化の現れと捉えられるでしょう。

株主優待というものを株主へ配っているのは日本企業だけであり、日本企業の悪しき習慣のひとつだと私は認識しています。

JTのように自社製品を株主へプレゼントする暇があるなら、それを販売して利益に還元したほうがよほど健全な事業体制を整えることができるわけです。

たまに配当を出さずに株主優待だけは継続していくという企業もありますが、これなんて最悪のパターンですよね。ただただ自社の利益を圧迫しているだけで、株主だってモノよりお金が欲しいはずです。

JT株にはそれほど期待はできないものの、今後株主優待目当てだった個人投資家の売りが加速して株価が一段と下げた場合は、配当利回りもかなり高まり、投資冥利があるかもしれませんね。

とはいえ、近年の個人投資家は賢くなりつつあるので、株主優待の廃止と増配を同時に発表した同社の株に対して悲観的に感じる人がどれくらいいるのかは不明ですけどね。

すでにJTへ投資をしている人たちにとってはまたとない再投資のチャンスではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました