【悲報】NTTに文春砲がさく裂してしまう・・・!

社会・政治
スポンサーリンク
NTTがドコモ社員に「月収10万円賃下げ」提案 内部資料入手 | 文春オンライン
NTTが子会社のNTTドコモ社員に対し、大幅な“賃下げ”を提案していることが「週刊文春」の取材でわかった。昨年12月にNTTからNTT労働組合に説明があり、40代のドコモ社員で月収が約10万円減るケー…

NTTが子会社のNTTドコモ社員に対し、大幅な“賃下げ”を提案していることが「週刊文春」の取材でわかった。昨年12月にNTTからNTT労働組合に説明があり、40代のドコモ社員で月収が約10万円減るケースも出てくるという。

 小誌は今年1月にNTT労組からドコモ労組の組合員に配られた、会社側の提案の詳細が記された内部資料を入手。

「人事・人材育成・処遇等の見直し(三次提案)」と題された同文書の内容について、40代後半の営業職であるA氏が解説する。

「私は主査ですが、現行の給与体系では、まずベースとなる『資格賃金』が月21万7千円。これまでの在職期間の評価に基づいた『加給』が約9万円。さらに各種手当が1万7千円ほどつきます」

 ここまでの合算が約32万円。 「これに勤務エリアに応じた『コース加算』がつき、私は全国転勤ありなので6万2千円。加えて、主査クラスの『エキスパート加算』が1万1千円つきます。合計の月収額は40万円弱でした」(同前)  

しかし、今回の会社からの提案では、月収が大きく目減りするという。 「これらの諸手当を含んだ給与が、『グレード賃金』という新たな処遇体系に圧縮されます。私の場合、新体系では上限でも30万円弱しかもらえず、約10万円もダウンする。年収では1~2割減る計算で、これでは生活やローンの返済計画も狂ってしまいます。特に職歴が長い人ほど手厚かった『加給』の概念がなくなる影響が大きい。40代以上の社員には『長年働いたのに報われない』と転職を口にする者も出てきています」

こういう内部資料が外部に流出する時点で、社内のコンプラ意識はどうなってるんだ?と感じますが、週刊文春の報道が正しいのであれば、NTTは40代以上の社員を本格的に排除しにかかっているとしか思えません。

成果に基づくグレード給はどれだけ成果を出したとしても評価者のさじ加減で期待を下回るってことにできますし、評価者自体がそういう評価方法に慣れていない現状、中堅サラリーマンたちの不満が溜まってしまうのも目に見えています。

ちょうど昨日、米アマゾン・ドット・コムが給与水準をアップさせるというニュースを取り上げました。

優秀な人材を確保し、定着させるために給料を倍にするアマゾンに対して、NTTの対応はあまりに雑でがっかりする内容です。

大企業といえども、近年は安定して働き続けることができるとはお世辞にも言えません。平気で45歳以上を早期退職という名のクビ宣告で人員整理をするようになりました。

人員整理に関しては、まだまだ米国よりも緩いですが、それでも定年まで安心して働き続けることができるとは言えないです。

現代の20代・30代の人たちはそもそも企業にすがり続けることができるとは考えていない人の方が多いのではないでしょうか。バブルが崩壊してから生まれた世代が多いですから、どんどん不景気になっていく中で、幼少期に親御さんがクビになってしまったという経験をした人も少なくないかもしれません。

だからこそ、会社に頼らずに生きていく、FIREという生き方に惹かれる若者が多いのかもしれませんよね。FIREをするかどうかに関わらず、40代も半ばになれば、働かなくてもある程度は生きていけるだけの資産を築いておくというのは必須なのかもしれません。

50代になった段階で大した資産も築いていない状況になってしまえば、突然の給料爆下げ、早期退職勧告を受けた時、残りの長い人生をどうやって生き抜いていったらいいか、途方に暮れてしまうかもしれません。

しかも子供がいれば、高校か大学に通っているかもしれませんし、まだまだお金のかかる時期ですよね。

日本を代表するNTTさんでも、「各個人の事情なんて知らないけど、とりあえず給料を下げるぞ!」という横暴な行為に出たのですから、日本で頑張って真面目に働こうとする人が減ってしまうのも仕方ないですよね。だって、まともに給料を払ってくれないですから。

アマゾンとNTTを比較するのは酷かもしれませんが、これが米国と日本の企業の意識の差なのかなと感じてしまいました。どうせ雇用が安定していないのであれば、外資系の企業に転職をするというのも良いかもしれませんね。決算が終わって、再び転職活動をスタートさせようとしている私にとっては、実にタイムリーな話題でした。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました