【悲報】楽天証券さん、クレカ積立の還元率を一部0.2%に引き下げ…

投資実務
スポンサーリンク

楽天証券は、これまで積み立て額の1%を還元していたクレジットカードによる投資信託積立の還元率を変更する。9月から、一部の投資信託については0.2%に引き下げることが分かりました。

転機迎える楽天証券 クレカ積立の還元率を一部0.2%に引き下げ
楽天証券は、これまで積み立て額の1%を還元していたクレジットカードによる投資信託積立の還元率を変更する。9月から、一部の投資信託については0.2%に引き下げる。楽天証券は4月から、保有する投資信託に付与するポイントを引き下げる予定で、相次ぐ還元の引き下げに、ネットでは「改悪」の声が飛び交っている。

楽天は既に、今年4月から楽天ハッピープログラムの改悪を発表しており、楽天経済圏からドロップアウトを考える投資家たちも増えつつあるようです。

これまで楽天証券は、豊富なポイント還元を武器に、投資初心者層を呼び込み、口座数を大幅に増加させてきた背景がありますが、すでに楽天証券は口座数が700万を超え、SBI証券と並ぶほどの証券会社となりました。

そう考えれば、新規ユーザーを獲得していた頃のような派手な還元・キャンペーンは継続するのが難しく、楽天全体の利益を追求するために今後サービスの改悪が続くことになるでしょう。

特に楽天証券で積立投資の投資先として人気のインデックスファンドは、ほとんどが還元率0.2%程度になってしまうことはかなり手痛いところです。

しかも同じタイミングでSBI証券が狙ったように東急カードと積立投資で連携するというニュースが日経新聞に掲載されていました。

SBI証券、東急カードと積立投資 最大3%還元
SBI証券は4月をめどに東急カードと積み立て投資サービスを始める。月5万円を上限にクレジットカード決済で投資信託を購入すると、カード会員の種類などに応じて最大3%分のポイントを付与する。投資家が定期的に証券口座に資金を入金する手間が省ける。約250万人のポイント会員を持つ東急グループと組み、顧客基盤を広げる。金融当局の...

SBI証券は4月をめどに東急カードと積み立て投資サービスを始める。月5万円を上限にクレジットカード決済で投資信託を購入すると、カード会員の種類などに応じて最大3%分のポイントを付与する。

SBI証券は三井住友カードとの提携で現在、クレカ積立投資でポイントを付与するキャンペーンを行っているが、それが東急カードにも波及したと考えれば良いでしょう。SBIは提携先を増やしてキャンペーンを続けていく方針なのでしょうかね。楽天証券に流れたユーザーを再び獲得するための動きとも取れます。

まあ、SBI証券側も満足のいく結果がでれば、利益追求のために還元キャンペーンを辞めてしまう未来は見え透いていますし、これを機に楽天からSBI証券に資産を移管すれば、証券会社の思うつぼ感は否めないですけどね。

ポイント還元率が下がってしまうのは確かに悲しいことですが、すでに楽天経済圏にどっぷり浸かっていた状態から抜け出した私にとっては、どちらでも構わないという気持ちです。

ただ、来年からはつみたてNISAの口座を楽天からSBIに移管しようかなとは思いますけどね・・・笑

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました