【悲報】年収1200万円男性「妻の年収が250万円でショック」

マネー論
スポンサーリンク

はてな匿名ダイアリーに1月2日、「妻の年収が250万円でショック」という投稿があり注目を集めた。

年収1200万円男性「妻の年収が250万円でショック」との投稿に「これが日本の現実」など注目集まる | キャリコネニュース
画像はイメージ はてな匿名ダイアリーに1月2日、「妻の年収が250万円でショック」という投稿があり注目を集めた

投稿者は都内在住で結婚2年目、子どものいない共働きの男性。自身が年収1200万円稼いでおり、生活費はすべて自分が出し、妻が稼いだ分は小遣いとして別会計にしていたため、妻の年収をよく知らなかったという。

しかし、ふるさと納税をきっかけに妻の年収が「額面250万円くらい」であることを知ると、かなり「びっくり」したそうだ。

「正社員で毎日フルタイムで出て、休日出勤もして夜遅くまで働かされて労働環境としては劣悪なのに、これだけしか貰えてないのかと可哀想になった」

年収250万円と聞いて私は、パートさんかな?と思ったのですが、アパレル業界で正社員として働いているという奥さん。

しかも、フルタイムで休日出勤、深夜残業もした上での年収250万円だと言うのだから驚きです。

投稿者が「こんなんコストコでフルタイムでバイトする方が年収高くなるだろ。舐めてんのか経営者」と怒り心頭になる気持ちも分かります。

この投稿はかなりの反響を呼び、「これが日本の女性の現実」と半ば諦めのような意見を述べる人たちも多数存在していました。

実際、生涯年収の男女格差は大きな問題となっており、独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)の『ユースフル労働統計』(2019)の調査による男女の生涯賃金の比較によると、学歴に関係なく、男女間ではおよそ5,000万円前後の差があると言うことです。

結婚・出産などの理由で少なくとも数年間は社会人としてのキャリアを諦める女性も多いので、生涯年収への影響はそういうところも関係するのかと思いますが、そもそも非正規社員と呼ばれる人たちが女性の比率が高いのもあり、低年収で働かされている女性が多いのは事実だと言えるでしょう。

女性の社会進出が当たり前になってきたとはいえ、今でも『結婚』か『社会人としてのキャリア』かで二択を迫られるケースが多いのが女性の悩ましいところだと思います。

しかも一般的には女性の方が男性よりも平均寿命が長い傾向にあります。ということは、生涯により多額のお金を必要とするのは本来であれば女性側のはずなのです。

それなのに女性は、普通に働いていても満足のいく収入を得るのが難しいのですから、これはもう若いうちから本業以外の収入源を確保するよりほかありません。

最近では20代から投資を始めたというOLさん(自称)の方々もインターネット上ではよく見かけますが、平均収入が低く、平均寿命が長い女性の方が、投資の必要性というのは高いと言えます。投稿者様のように、高収入の旦那さんがいる家庭では、自分の収入だけでなく頼れる収入源を確保することができる訳ですから、これはもう旦那の高収入を利用してでも、将来のために資産を形成していくしかないのです。

結婚すれば2馬力で収入を稼ぐことができますから、努力次第で十分に投資に回すお金を用意することもできるはずです。夫婦で相談して、少しでも早い段階から資産形成に力を入れてみてはいかがでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました