【朗報】酷評だったポケモンリメイク版、爆売れしてしまう…

社会・政治
スポンサーリンク

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、ポケモンが2021年11月19日に発売したNintendo Switch向けソフト「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」の国内推定販売本数を速報としてまとめたところ、発売から3日間で140万本近い売上があったことが分かりました。

【ポケモンBDSP】ダイパリメイク、発売3日間で139.6万本を販売 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
ファミ通は、ポケモンが2021年11月19日に発売したNintendo Switch向けソフト『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』の国内推定販売本数の速報を発表。発売3日間で139.6万本をセールスしたことが明らかになった。

本作は、2006年に発売され、発売4日間で158.6万本を販売したニンテンドーDS向けソフト「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のリメイク版で、原作よりも順調な売れ行きで、Nintendo Switch向けソフトとしては、「あつまれ どうぶつの森」に次ぐ、歴代2位の初週販売本数となっているとのことだ。

今回発売された「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」は、発売前にはネット上でボロクソに叩かれていました。というのも、これまでに発売されていたポケモンシリーズのリメイク版とは違い、グラフィックが最新版のものと比較しても劣化しており、開発が外注されたことによる弊害だと言われていたからです。

参考までに現在、完全新作として発売されているポケモンシリーズの「ポケットモンスター ソード・シールド」と今回発売された「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」のグラフィックを比較すると、確かにひどい出来だということが分かります。

ポケットモンスター ソード・シールド
ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール
ポケットモンスター ソード・シールド
ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

その他にもポケモンの歴史の中で便利に変化してきた機能が一部失われていたりと、期待が大きかった「ダイヤモンド・パール」のリメイク版だっただけに大ブーイングがおきていました。

しかし、蓋を開けてみると大ヒットと言っても過言ではない爆売れ状態。ネット上では「ダイパリメイクだからこれだけ売れてるだけで、もっと売れるはずだった」との声も多く見られるが、ひとまず素晴らしい滑り出しを見せたことは間違いないでしょう。

私自身もいわゆるポケモン世代で、生まれて初めてやったゲームが「ポケットモンスター 青」バージョンで、自分で初めて買ったゲームソフトが「ポケットモンスター 金」バージョンでした。当時を思い出すと、かなり熱中して遊んでいたなと懐かしく思います。

そんなポケモンに対して”エモい”記憶を持っている我々より下の世代は、どんなにクソだと酷評されていても、やっぱりプレイしたいという気持ちが強く、買ってしまうんだと思います。

ダイパリメイクが発売された当日から、ゲーム内のバグが発見されたり、実況プレイ動画がYoutubeでアップされたりと、お祭り騒ぎになっています。

ポケモンは、今や世界中にファンを持つ、日本が誇る一大コンテンツです。それらのコンテンツを有する任天堂の株が現在、年初来最安値に近い状態で放置されています。

任天堂株を仕込むなら、今がチャンスかもしれませんね。

 ゆめと ぼうけんと!かぶしきとうし のせかいへ! レッツゴー!

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました