【無能】経団連「一律のテレワークはなくしていく方向で」

社会・政治
スポンサーリンク

経団連は8日、政府が新型コロナ感染拡大対策として呼びかけてきたテレワークなどによる「出勤者数の7割削減」について、「科学的な知見」を踏まえ、なくしていく方向で見直すべきだとする提言を出した。

テレワークなどで出勤者7割減「見直すべき」 経団連が政府に提言:朝日新聞デジタル
 経団連は8日、政府が新型コロナ感染拡大対策として呼びかけてきたテレワークなどによる「出勤者数の7割削減」について、「科学的な知見」を踏まえ、なくしていく方向で見直すべきだとする提言を出した。 同日発…

経団連の十倉雅和会長は、6月に就任して以降、すでに4回も同様の提言をしており、テレワーク自体は「やってみてよかった」と認める一方で、出勤者数の抑制について「一律だと、いろんなところで経済活動を妨げる」として、経済的な悪影響も大きいと指摘している。

日本はすでに、コロナワクチンの接種者が大多数を占め、表立ってはコロナの脅威は一時と比べればかなり低減されているように見える。しかし、これからますます寒くなれば感染者が増加傾向になる可能性は否めません。

また、コロナワクチンの治療薬は完成したものの、現時点では世界中に普及するには至っていませんから、彼らの主張するような「ワクチンと治療薬を活用し、社会経済活動を継続」するような体制には、まだまだ時間がかかるだろうと思われます。

そんな中でテレワークを辞めることを推奨すれば、再び感染が爆発的に拡大する可能性も大いにあるでしょう。そうなれば、長期的にはさらに経済的打撃は大きいと言えるのではないでしょうか。

正直言って、経団連のこういった提言は「余計なお世話」であり、満員電車なんか乗る方が非効率的、非生産的だということに皆気づいたのです。

確かに一律にする必要もないが、テレワークでも仕事が回る会社や部署は積極的にやれば良いと私は思います。

経団連が口出しするようなことではなく、テレワークで仕事が回っている企業にはそのまま継続してもらったほうが良いと言えるのではないでしょうか。

正直言って、経団連の存在自体が時代遅れで、一律でコロナ前の状態に戻すなんて時代錯誤もいいところです。

そもそも、経団連がかつて”虚業”と言って鼻で笑っていたIT産業の存在が無ければ、今回のようにテレワークを実施することはできませんでした。IT産業のおかげで、クラスターの発生を抑制できたと言っても過言ではないでしょう。

カビ臭い経団連という組織そのものが最も不要であり、いまだに日本企業の代表みたいな顔をしている様を見ると、アホらしく感じてしまいます。

政府がテレワークを推進しなければ、テレワークを導入することもなかった企業もたくさんあるでしょうし、職業柄テレワークができないという人を除けば、無理矢理『週に何回は出勤しろ』と指示するのはいかがなものかと思います。

経団連は、もはや何も言わないほうが日本のためになるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました