【朗報】18歳以下に現金10万円、マイナンバーカード保持者にマイナポイント3万ポイント付与へ!

社会・政治
スポンサーリンク

政府・与党は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた支援策として、18歳以下の子どもや若者に現金10万円を一律支給する方針を固めた。また、マイナンバーカードを保有する全国民を対象に、1人3万円相当のポイントを付与する方向でも調整しているということだ。

18歳以下に現金10万円支給へ マイナカード保有者にポイント3万円付与も - ライブドアニュース
政府・与党は4日、新型コロナに関する支援策についての方針を固めた。18歳以下の子どもや若者に現金10万円を一律で支給するというもの。マイナンバーカードの保有者に3万円相当のポイントを付与する方向でも調整

元々公約として言っていたような内容ですので、想定の範囲ですし、マイナポイントを貰えるのは個人的にはありがたいですが、やっぱり18歳以下にしか現金10万円を付与しないという政府の対応にブチギレている人たちがネット上にたくさんおられました。

子供に対しての投資と考えれば、一人あたり10万円というのは素晴らしい政策だと思いますが、ネット民たちは自分たちが貰えないからめちゃくちゃ文句があるようです。

しかし、元記事にもあるように、『非正規労働者や生活困窮者などへの現金給付については、別途行う方向で、与党が詳細を調整している』ということだ。ワーキングプアに対しては別途補助をするというのであれば、特に文句を言う必要はないのではないでしょうか。

私は残念ながら10万円の支給対象者にはなりませんでしたが、別にどちらでも構いません。そこまでめくじら立てなくても、3万円分のマイナポイントが貰えるだけで良しとしましょう。

中には、いまだにマイナンバーカード作りたくない勢が差別だなんだと騒いでいますが、マイナンバーカードを作るも作らないも個人の自由ですし、マイナンバーカードを作って欲しいと言うのが政府の意向なのですから、マイナンバーカードの有無で区別されるのは仕方ないことではないでしょうか。

どう足掻いても、我々一人ひとりには、すでにマイナンバーが付与されており、日本国民である限り管理されている立場なのですから、世の中の流れとして、マイナンバーカードを作成した方が自分にとってもお得になるのではないでしょうか。

もし仮に、国民全員がマイナンバーカードを作成した後では、こういう類のキャンペーンがされることはまずあり得ないと思います。政府が普及を促す必要がありませんからね。

ならば少しでも早くマイナンバーカードを作成して、政府公認のキャンペーンに乗っかってお得に過ごした方が良いのではないかと私はそう思います。

文句ばっかり言ってないで、自分で考えて行動すればいいのに。と私は深くそう思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました