【転職】管理人Yuki、3年ぶり4回目の転職活動へ

雑記
スポンサーリンク

私Yukiは現在、都内のIT企業で経理職として仕事をしています。現在の職場に来るまでは大阪で同じように経理職の仕事をしており、現在31歳ながら4つの会社を渡り歩いてきました。

4社全てで正社員での雇用なので、無期雇用契約ですが、結果的に短期間での雇用となっており、どんどんステップアップすることができたと感じています。今、私が投資にお金を回すことができているのも、転職を通じて年収の向上をすることができたからだと感じています。

『転職の前にまずは3年』なんて言葉がありますが、前職までは1つの企業で働いたのは最長でも丸3年で、3年を超えて勤務している現職のIT企業が、私の中ではキャリアハイということになります。

しかし最近になって、私は再び転職活動をし始めました。というのも、以前からクライアントとしての立場で『魅力的だな』と思う企業様から、とある転職サイトを通じてスカウトオファーを頂いたからです。

そもそも私は、ずっと転職サイトに情報を登録しているので、転職を考えていなくても頻繁にオファーのメールは届きます。最近はこんな条件でオファー出されても困る・・・というような案件もたまに見かけました。

ですが、今回お声がけいただいた企業はその他の企業とは違い、とても魅力的で業務内容も今までよりもチャレンジできる環境、かつ、収入の更なるアップも目指せるという超好条件でした。これから結婚を控えているという立場上、転職するなら独身として最後となる今回こそラストになるでしょうし、さらに収入が上がるならそれに越したことはありません。

しかも現職と少し業界は違うものの、IT業界ですので転職してもテレワーク可能であるという点は抜かりなく確認済みです。福利厚生などの待遇も含めて現職よりさらに好条件となります。今のところ断る理由が特にありません。

実は先日、すでにスカウトオファーに返信をして面談を受け、近いうちに役員の方とお顔合わせになる予定となっております。このまま話が進めば年明けにでも転職するという流れになるかもしれません。

もちろん、今の会社にはとても感謝しております。東証一部上場の大企業でありながら、一時期は20代の私にマネージャーとして経理部門の一部を任せてくれましたし、実務の面でも経理経験をさらに研鑽することができたと感じています。

現職でもものすごく良い会社だと思いますが、それでも転職を考えたのは今期に入ってから経理部門の風向きが変わったことが理由です。

今期に入ってから私が所属する経理部門の部長が変わりました。新しい部長になってから、まず初めに変わったのは、以前からいた経験豊富な派遣社員のクビを軒並み切ったことです。元々、派遣社員に頼らない組織づくりを目指していたからそれを強行したのでしょうが、現在の仕事のバランスなども全く考慮せず、一気に派遣社員の次回更新をしないという連絡を独断で行いました。

しかし、実際にベテラン派遣社員の方々がみんないなくなったので、正社員にかなりの負担がかかってしまい現場は大混乱。すぐに派遣社員撤廃の路線を変更し、一から新しい派遣社員の補充を始め、経験の浅い派遣社員さんが一気に増えました。

その結果、正社員には普段の業務に加えて新しい派遣さんへの業務の引き継ぎという仕事まで増え、かなりの激務になってしまいました。

そういった混乱もあり、今期に入ってからすでに経理部門の正社員が4名退職しております。今月末で辞めるという若手社員も出てきました。

正直現在の部長は、今までの上司よりも人を見る目に欠けていると感じます。あと、部下のマネジメントに興味がなさすぎますね。これでは部下の離反は避けられません。当然、自分の直属の上司達を見ても、将来こんなふうになりたいとは思えず、私自身もこの環境で仕事を続けるよりは新たな環境で挑戦をした方が良いのかな?と考えさせられました。

次の転職では、現状よりも更なる収入アップが見込める予定ですし、ワークライフバランスも良好。次こそは投資と同様、長期的な目線で10年、20年と勤めることができる企業に入社したいものです。

そして次こそは入社時点から上司に恵まれますように。そう祈りながら今度の役員面談に臨みたいと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました