【悲報】『手取り13万』がトレンド入り。トレンドの手取りがどんどん減っていく

社会・政治
スポンサーリンク

Twitterでまたしても手取り低い系ツイートがトレンドを呼んでいる。

どうやら以下のツイートに対し、共感と批判が寄せられているようだ。

まず、自分自身も同じ境遇に置かれているという人たちからは共感が集まっている。

「やっぱりキツイんですね…将来が不安です…」というものや、「国は本当に知らないんだろうけど、自分も契約社員だった時は給料が低くて常に人生詰みそうだった」という声などだ。

先日も記事にしたが、給料が低いことを、マジで国は知らないです。

給料が低い人たちが共感しあって慰めるのは、今に始まったことではありませんが、最近はTwitterで手取りが低いツイートがトレンドになることが多いです。

しかも、そのトレンドの手取りが徐々に下がっていってるのが、なんとも闇を感じるのである。

手取り20万円以下がもらいすぎと叩かれる時代もありましたが・・・

手取りは15万円、14万円と下がり続けていました。

そこにきて、今回の『手取り13万』ですから、ものすごいスピードで、日本人が貧しくなっていってるんだな〜と感じざるを得ません。

しかも最近では、「自己責任って言わないで!」というのが当たり前ですからね。

こういう意見に対抗する意見の筆頭として、「転職しろ」派がいますが、「自分も手取り13万円の時がありましたが、今は転職して給料は倍になりました。今の時代探せば色んな仕事があります。頑張って下さい」といったものや、「嫌なら転職すりゃあいい、給与上げるだけならそこかしこに求人あるんだから探しなさい」といった意見が上がっていました。

 こうした意見に対しては、「違うんだよ。手取り13万に対して転職しろ、このバイトしろ、節約しろじゃねぇんだよ」「個人の生活背景なんて誰にもわかんねぇ、口だしちゃいけねぇ。真っ当に頑張って働いても13万の人が多くいて、その日ぐらしで、明日のことなんか考えられない状況が今の日本だってことなんだよ」といった反論も寄せられている。

とはいえ、やっぱり真っ当に頑張って手取り13万円だと、頑張り方が間違っていると言わざるを得ません。今の職場で必死になって、毎日サービス残業をして、手取り13万円もらうことが、「頑張っている」と感じているのであれば、それは大きな勘違いですから思い直した方が良いでしょう。

必死になって働いて、手取りが13万円というのは、都心で考えれば、確実にブラック企業の類になると思います。ブラック企業は経営者が圧倒的に悪いですが、そこで従事している従業員も共犯者だと私は考えています。

簡単に転職できる環境ではないこともわかりますが、まともな思考回路が残っている間に現状を打破するつもりで生きていかなければ、時間もお金も搾取され続けるばかりだと私は思います。

どんな状況においても、現状に満足していないなら、自分自身で行動して変化を求めるより他ないと思います。国や周りの人間に頼っていても何も変わらないのは、そういう人たちの方がよく知っているはずです。

非正規雇用なんていう働き方が一般的になったから日本は貧しくなったんだ!と主張する人もいますが、そもそも非正規雇用ばかりになったわけではなく、今の時代もきちんと正社員になる道もあるのですから、社会に出る際に先のことを考えずに非正規雇用になるのではなく、正社員として就職活動をすればよかったんじゃないでしょうか。

何でもかんでも他人や社会のせいにしていては、自分自身がどんどん腐っていきます。そういう人にならないように、我々は自分自身の選択の重みをきちんと考えていかなければなりません。

少なくとも、自分の境遇を社会や他人のせいにしている人間は、一生かけてもお金持ちになることはできないでしょう。

まずは今の悪い状況を、自分の考えうる限りの行動で変えていくことから始めてみてください。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました