【雑談】マイナンバーカードの健康保険証登録をやってみました

社会・政治
スポンサーリンク

今月20日より、マイナンバーカードを健康保険証として利用できる制度が本格的に始まりました。マイナンバーカードのポータルサイト「マイナポータル」で申し込めるようになっており、スマートフォンやパソコンでマイナンバーカードを健康保険証として登録でき、従来の健康保険証でも受診できるということだ。

マイナンバーカードどう作るどう使う 保険証利用始まる
マイナンバーカードを健康保険証として利用できる「マイナ保険証」の本格運用が10月20日に始まった。年内に開始する新型コロナウイルスワクチンの接種証明書のオンライン発行にもマイナカードを使う。カード1枚であらゆる行政手続きがオンラインで済むのが理想として2016年に始まったが、ようやく活用が広がってきた。マイナ保険証の利...

また、年内に開始する新型コロナウイルスワクチンの接種証明書のオンライン発行にもマイナカードを使うとのことで、カード1枚であらゆる行政手続きがオンラインで済むのが理想として2016年に始まったが、ようやく活用が広がってきた印象を受けます。

私はマイナンバーカード制度が始まってすぐに作成したので、すでに一度電子証明書の有効期限が切れて更新するというくらいには時間が経ってしまったわけですが、これからは健康保険証を持っていかなくてもマイナンバーカードがあればそれだけで安く医療を受けることができる世の中になっていくことでしょう。それは私もとても望んでいます。

昔、2ちゃんねるのまとめサイトか何かで、『保険証の色でマウントを取る』という内容のスレを見たことがあった気がします。2ちゃんねるの住人曰く、水色の保険証だと『人生詰んでる』らしいです。構成員のほとんどがニートな2ちゃんねるの住人にとやかく言われたくないとは思いますが、これからマイナンバーカードに保険証を登録することができるようになれば、そういうよく分からない種類のマウントに遭遇する危険も無くなるわけです。

一方、医療機関にとっては、保険診療を受けられる患者かどうかすぐわかり、レセプトの返戻が減るほか、窓口での入力の手間が減るというメリットがある。またオンラインで支払基金や国保中央会と接続されることから、それらの機関からの情報を医療機関や薬局へ送れるし、患者本人が同意すれば、薬剤の情報や特定健診・後期高齢者健診情報もすぐわかる。 医療従事者の方々への負担も考えれば、かなり良い制度だと思います。

転職などで一時的に保険証が発行されていない状態でも、マイナンバーカードで代替できるというのもメリットですし、このほか、マイナポータルで処方された薬の情報をチェックできるようになる。またマイナポータルとe-TAXの連携で、医療費の領収書を管理しなくてもよくなるなど、お互いにとってかなりのメリットがあると言えるのではないでしょうか。

利用登録もとても簡単で、iPhoneとマイナンバーカードが手元にあれば、数分程度で設定が完了する。詳しくは、マイナポータルの保険証利用の手続きを見てください。

マイナンバーカードの保険証利用|マイナポータル
マイナンバーカードが健康保険証として利用できます。利用するには、事前に登録が必要です。

今後は、ますますマイナンバーカードでできることが増えていくことだろうと思います。逆に持っていない人は国のサポートを受けづらい世の中になっていくことでしょう。

よく自分の個人情報が漏洩するリスクを嫌って、マイナンバーカードを作りたくないと言っている人をネット上で見受けられますが、そういう人たちほど、大した個人情報は持ってないですからね。将来は、資産を管理して税金を取られるって主張していますが、そんなにたくさん資産をお持ちなんでしょうか?

そんな生きづらい生き方をしなくても、素直に時代の流れに沿った方が楽な生き方ができると思います。

そもそも今の時代を生きている限り、どこかですでにあなたの個人情報は漏洩していると考えた方が良いでしょう。スマホや通信機器を持っていて、今まで1通も迷惑メールのようなものが届いたことがないという人はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

そう考えると、個人情報はすでに漏洩している前提で、自分たち一人ひとりが、個人情報を悪用してこようとする犯罪者から身を守るための知識を頭に入れておくことが大切なのであり、何ごとにも怖がって新しいものを受け付けなくなるのは、良い傾向とは言えません。

投資にしても、怖いからやりたくないと言い続けてきた人たちと、勇気を出して投資を始めた人との間には、絶望的なほどの格差が出てきております。これからますますそれは広がっていくことでしょう。

新しいものを受け入れるだけの柔軟な思考回路を持っていなければ、いつの時代でも変化についていくことができなくなってしまうのではないでしょうか。

「便利な世の中になったなぁ」と変化を楽しむくらいの方が、総合的に得なんじゃないかなと私は思いました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました