【衝撃】楽天さん、話題の”レバナス”を新発売する見込み

投資の考え方
スポンサーリンク

ここ数年間のハイテク株の順調さを背景に、ハイテク企業がたくさん詰まった株式指数であるナスダックへの投資を主とする投資戦略を取る投資家がかなり増えてきました。

彼らは荒い値動きを利益の源泉としているため、普通のナスダックでは飽き足らず、レバレッジをかけたナスダック、通称『レバナス』と呼ばれる商品への投資をして、日々一喜一憂する様をSNS上に垂れ流しております。

そんな彼らに朗報と言えるのでしょう。楽天証券で独自の商品を展開する楽天楽天レバレッジNASDAQ100が昨日、新たに『楽天レバレッジNASDAQ100』という商品を発売することが、有価証券届出書の中で明らかとなりました。

【有価証券届出書】

同様の商品は現在、大和証券の『iFree レバレッジNASDAQ100』が存在するものの、iFreeレバナスの信託報酬0.99%に対し、楽天レバナスは0.77%と信託報酬が安くなっており、メリットが大きいとみられている。

しかし、細かいところを見ていくと、iFreeと楽天とでは違いがあり、現段階ではどちらがメリットがあるかというのはハッキリと判断することが難しいかなという感じです。

設定日は11月17日ということで、もう少し先にはなってしまいますが、それまでに詳細を読んでおいて興味があれば手を出してみるのも面白いかもしれませんね。

ただ、あくまでこれらはレバレッジをかけた商品であるという基本的なことだけは頭に入れておかなければなりません。通常のナスダックよりも値動きが激しいものとなることが予想されますので、調子が良い時はガンガン上がっていくものの、市場の流れが変わったら大きく値崩れする可能性もあるのだということは想定しておくべきでしょう。

まあ、そもそも全ての投資商品は値動きがあり、そのリスクを理解した上でリターンを求めて投資しているものになりますから、そんなこと改めて言わなくても分かってるよとお叱りを受けそうではありますが・・・

レバレッジをかけているということは、自分の許容範囲を大きく超えた投資をしている可能性もあるのだということを今一度、理解しているか自問自答した方が良いのかなと私は思います。

まあ少額からであれば、投資していくのも面白いかもしれませんね。投資を『相場の流れに乗るお祭り』のように考えている人たちも一定数はいらっしゃるみたいですし。

いつまで今のようなハイテク主導の相場が続くのかは私には分かりませんが、今の相場が続くなら買いと言えるのかもしれません。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました