【朗報】楽天ポイント、利息付与サービスが開始へ

投資実務
スポンサーリンク

楽天は、年利0.108%(月利0.009%)の利率で楽天ポイントを増やせる「楽天ポイント利息」を開始したということだ。楽天ポイントを所有する楽天会員は誰でも利用可能で、100ポイント以上から1ポイント単位で預入(追加)できる。引き出しは1ポイント単位でいつでも即時に可能。 

毎月末日の23時59分59秒時点で預け入れているポイントに対し、月0.009%のポイントを翌月5日に進呈する形。端数は翌月繰り越しとなり、1ポイント以上となった時点で進呈される。

楽天ポイントに利息付与 年率0.108% 共通ポイント初
楽天グループは10月18日、楽天ポイントを預け入れると値率0.108%の利息が付く「楽天ポイント利息」を開始した。専用ページから100ポイント以上を預け入れられ、1ポイント単位で即時引き出しもできるようにした。毎月末日時点で預け入れているポイントに、月間0.009%のポイントを、翌月5日に付与する。

楽天PointClubの楽天ポイント利息のページから利用できる。追加可能なポイントは通常ポイントのみ。引き出したポイントは通常ポイントとして扱われるとのこと。

期間限定ポイントも利息付与の対象であれば嬉しかったのですが・・・そこまで求めるのは贅沢ですかね。

保有しているポイントに対して利息が付くというのは、とても先進的なサービスですが、年率0.1%の利息というのであれば、100万ポイントを1年間運用しても1,000ポイントしか付与されないという制度です。

一見、ユーザー目線の素晴らしいサービスを開始したようにも見えますが、普通に定期預金程度の利息が付与されてるだけなので、それほどメリットが大きいわけではなく、ユーザーにポイントを使わせずに貯めさせて、その分を一時的に運転資金に回すためのサービスにも見え、最近の楽天のサービスの改悪を続けている状況を考えると、楽天の財務状況があまり芳しくないようにも感じてしまいます。

個人的には、色んなポイントの使い方を提示してくれるのは良いことだと思いますが、ぶっちゃけポイントでインデックス積み立てした方が良いのでは?と感じてしまうのは私が投資に興味があるからなのでしょうか?

楽天ポイントは、楽天証券を利用することでポイントで投資信託を買うことができます。ポイント投資のメリットは、元々自分のお金ではない楽天ポイントで投資ができるということです。ポイントで投資した分に関しては、もちろんマイナスになることもありますが、元々自分のお金ではないため、それほど精神的にダメージはないだろうと思います。

だからこそ、楽天ポイントをはじめとした、付与されたポイントを活用して投資することは、ローリスク・ハイリターンな行為だと思います。

なので、せっかくのポイントを、元本保証だからといって、年率0.1%程度の定期預金的なものに投じるのではなく、投資に回して大きなリターンを狙っていっても良いんじゃないかと思う次第です。

楽天ポイント利息は、個人的には使うことはないサービスかなと思いますが、新しく面白そうなサービスが楽天から始まること自体に関しては、悪くないことだなと私は感じました。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました