【悲報】ロスジェネ世代の単身女性、半数以上が老後に生活保護を受ける未来・・・

社会・政治
スポンサーリンク

就職氷河期に世に出た「ロスジェネ」と呼ばれる世代の単身女性たちは、老後に貧困化する可能性が高い。そんな衝撃的な未来予測がある。

ロスジェネ単身女性、半数以上の老後が生活保護レベル!?自助手遅れ - 変えていく、トレンドがちから
総務省が2020年に調査した雇用者のうちの非正規労働者の割合は、男性が20%なのに対して女性は52%にも上ったことが分かった。 そして、今、就職氷河期に社会に出た世代、「ロスジェネ」と呼ばれる世代の独身女性が将来、生活困

まず、ロスジェネ(ロストジェネレーション)と呼ばれるのは、1970年頃から1980年頃までに生まれた、現在40歳前後の世代のことを指し、就職氷河期は一般的には1993年頃から10年程度の期間に就職活動が重なった人々のことと言われています。

総務省が2020年に調査した雇用者のうちの非正規労働者の割合は、男性が20%なのに対して女性は52%にも上ったことが分かりました。また、非正規労働者の割合が特に多いと言われているのが、この『ロスジェネ』世代だということです。

国際医療福祉大学の稲垣教授によると「マイクロシミュレーションという手法で少子高齢化が進む日本社会で今後予測されるのは、氷河期に社会に出た世代である未婚や離別した独身女性は多くが将来、老後で生活困窮に陥るとということでした。

このマイクロシミュレーションという手法は、実在する人のデータをもとに将来のライフスタイルをシミュレーションしているものなので、かなり現実的な未来を測定することができるとされています。

高齢女性の貧困率(予想)

そのシミュレーションによると、2050年以降、つまり現在のロスジェネ世代が70代・80代となる頃には独身女性の50%以上が生活保護を必要とするくらいの貧困層となってしまうようです。

人生100年時代と言われている今の世の中、これは由々しき自体です。未婚女性の半数が生活保護を受ける必要があるとなると、生活保護という制度そのものが回らなくなります。

だからこそ、我々は現役世代の間にできるだけ自助努力で資産形成をしていかなければなりません。収入が低くても、毎月の収入の1割ずつでも、数%ずつでも手元に置いておくことで、生涯の収入の何年か分の収入を確保することはできるはずです。

それを現役時代から投資に回すことで、それだけで生活できるかはわかりませんが、年金と自助努力による資産である程度の生活ができるようになるのかなと思います。

ロスジェネ世代と呼ばれる人たちはすでに40代半ばとなりますが、少しでも早く投資を始めていずれ訪れる将来に備える必要があると言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました