【悲報】ソシャゲプレイヤー、借金がバレて妻を殺害してしまう・・・

マネー論
スポンサーリンク

今年4月、北九州市八幡西区の自宅で妻を殺害したとして殺人罪に問われている男の初公判が開かれ、男は起訴内容を認めたということだ。

自宅で妻“殺害”動機はゲームで借金か…検察指摘 | KBC九州朝日放送
今年4月、北九州市八幡西区の自宅で妻を殺害したとして殺人罪に問われている男の初公判が開かれ、男は起訴...

起訴状などによりますと、北九州市八幡西区の元会社員・岡村佳澄被告(33)は、今年4月、自宅マンションの寝室で、妻の静さん(当時32)の首を文化包丁で刺して、殺害した罪に問われています。

28日、福岡地裁小倉支部で開かれた裁判員裁判の初公判で、岡村被告は、「間違いありません」と起訴内容を認めました。 検察側は、冒頭陳述で岡村被告が結婚前から携帯ゲームの課金や電子書籍の購入などを繰り返し、400万円以上の借金があったと指摘。

動機については「妻にばれると離婚され、子どもと離れるかもしれないと考えていた」「期限までに返済不可能で、借金の存在を知られることが明らかになり、殺そうとした」としました。 弁護側は事実関係を争わないとした上で、量刑については犯行後に自ら警察に通報し、自首している点を考慮してほしいと訴えました。

量刑については犯行後に自ら警察に通報し、自首している点を考慮してほしいと訴えました。とあるが、ここまで自分勝手な動機で殺害してしまったとなれば、情状酌量の余地はないのではないかと思います。

子供と離れたくないと言っている割には、子供も殺そうとしているあたりも、しっかりとした判決が必要だと思います。

ネット上でも、「33で子供もいてソシャゲで400万の借金って・・・」「残された子供どうするんだよ」と、結婚していて子供もいて、ソシャゲで400万円もの借金を抱えたという岡村被告に対して厳しい意見が飛び交っていました。

スマホの普及とともに、急速に広まったのが、ソシャゲやゲームアプリという存在です。基本プレイ無料という言葉に釣られてついつい遊んでしまう人も少なくはないのではないでしょうか。

そんなゲームアプリですが、収益の源泉は何なのか?というと、実は利益の半分以上は『重課金』と呼ばれる毎月10万円近くゲームアプリに課金するトッププレイヤーたちによって支えられているのです。

あくまで給料の範囲内で楽しむだけであれば、個人の自由と言えるのですが・・・彼のようにソシャゲにハマりすぎたことで、数百万円を超える借金を抱える例も、ソシャゲの普及とともに増えていると言われています。

しかもソシャゲやスマホアプリなど、自分勝手な理由で作った借金は、パチンコなどのギャンブルと同様、破産してもチャラになることがない借金の一つですから、400万円もの借金を作ってしまった時点で、ほぼ人生は詰んでいると言えるでしょう。

それでも、まともな人間であれば借金を返すために家族と相談して頑張って借金を返そうとするものです。

しかし、そもそも33歳にもなって結婚して子供がいるのに、ソシャゲに大金を注ぎ込んで400万円の借金を作ってしまう時点で、かなりのクズだということは容易に想像することができます。

中国や韓国などでは、ゲームのやりすぎで命を落とすという事例も出ていますから、ゲームのやりすぎで人生を棒に振るクズが一定数は社会にいるのです。

それにしても借金がバレたくないから殺してしまったというのは、なんとも悲惨な事件ですね。妻も借金のことを知っていたかはわかりませんが、ゲームばかりしている夫を見限って、離婚していれば殺されることはなかったのに・・・と残念でなりません。

きっと、旦那のクズ具合を理解していても支えていたんだろうなと思うと、おそらく妻に借金をしていることを打ち明けても協力してくれたんじゃないかなと思います。400万円という金額は衝撃的すぎますけどね。

岡村被告には、厳重な処罰を願いたいものです。そして、くだらないソシャゲにのめり込んで破滅してしまう人が少しでも減ってくれればいいなと思った次第です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました