【悲報】40歳でのFIRE、1億円では全く足りないことが判明・・・

マネー論
スポンサーリンク

最近は、若いうちにリタイアする「FIRE」という生き方が注目されています。

しかしファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんいわく「早くにリタイアすると老後の年金はもちろん、障害年金や遺族年金も減ります。そうしたデメリットや運用益が出せないという最悪の事態も想定しておく必要がある」とのことだ。

「1億円では全く足りない」40歳で早期リタイアするには本当はいくら必要か | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
定年を待たず、早期に仕事を引退して、ゆっくり暮らす。そんなライフスタイルに憧れる人から注目されているのが、経済的自立と早期リタイアを意味するFIRE(Financial Independence, Retire Early)です。従来の早…

定年を待たず、早期に仕事を引退して、ゆっくり暮らす。うるさい上司や、同僚から開放された生活はどれほど快適でしょうか。

しかし、あまりに急ぎすぎて大した資産もない状況でFIREを目指すのは賢い選択とは言えないでしょう。

従来の早期リタイアが貯蓄や退職金などを取り崩しながら生活していくのを基本とするのに対し、FIREは投資で得る収益で生きていく、という違いがあります。資産を取り崩していけば次第に資産は減っていきますが、FIREは資産を運用し、その収益で生活するため、資産を大きく目減りさせないというのが特徴です(値下がりによって資産が減る可能性はあります)。

とはいえ、生活できるほどの運用益を得るには、まとまった額の元手が必要です。必要な元手の目安は年間支出の25倍とされており、年間300万円で生活するなら7500万円、年間400万円必要なら1億円となります。

運用利回りも重要です。FIREでは年4%を目安としており、7500万円を年4%で運用すると年間で300万円、1億円では同400万円の運用益を得ることができます。

年間支出の25倍の資産と、年利4%というのが、FIREのキーワードです。

しかし、仮に40歳の時点で1億円の資産を築けたとして、年間400万円の利益を取り崩しながらの生活で果たして十分なリタイア生活ができるのでしょうか。

年収400万円。現金化するとなると、運用益に対して20%の税金が取られると仮定すれば、1億円の資産を築いたとしても、手取り収入はおよそ320万円といったところです。

それに対して、40歳頃のライフイベントとしては、子供が小・中学生ぐらいのパターンが多いでしょうか。これからさらにお金がかかってくる時期ですから、年間の手取りが320万円程度では、教育費や食費など、子供に必要なお金は足りない可能性があるのではないでしょうか。

私は以前から、あまり早い段階でFIREだけを目指すのはどうかと考えています。

会社に頼るのではなく自分自身で資産を形成し、何かあっても生きていける状態を作り出すのは必要ですが、働かなくても生きていけるからといって労働をやめてしまえば、あまり幸せな生活は待っていないのかもしれません。

資産があればあるだけFIREに有利なのは当然です。40代で1億とは言わずもっと多額の資産を築き上げるか、もしくはFIREの予定をもっと先に延ばして50代でのFIREを目指したりするのも考慮すべきではないかと思います。

人生100年時代が到来すると言われている昨今、今までよりも人生が長くなる可能性があります。本当に年間の手取りが400万円未満でも豊かに暮らしていけるのか、改めて考えてみてはいかがでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました