【正論】10年前の日本人さん、正論を言っていた・・・

社会・政治
スポンサーリンク

59 名無しさん@12周年 2012/02/09(木) 18:12:51.85 ID:BOYSqRGu0 
今までニートとか、派遣とか馬鹿にして笑い者にして、自己責任だの、甘えだの、 
クズだのゴミだのと叩いて、 
勝手に飢え死にさせとけとか残酷なことばかり吐き捨ててたけど、 
それらの行為の報いは全部自国、ひいては自分の企業、自分の生活に跳ね返ってくるんだよね。 
それに国民はおろか、為政者すら気付いてない。 

本来なら、「お願いしてでも」20~40代なんて安定雇用で「全員」が働いて「頂いて」、 
結婚してもらって子供最低2人以上、出来れば3人、4人と産んでもらわないと困るのに、 
その現役世代が、最初の就職ごときですら悲壮感漂わせながら必死に 
求職活動しないといけなくて、つまずくような社会にしてしまった。 
そして一度つまずいたら二度と戻れない社会を、弱者を馬鹿にしてそのまま放置してきた。 
現役世代に金の不安を与えたら、それが非婚化・少子化に直結するのは当たり前のこと。 
本当にバカだよ。 

社会全体でニートだ派遣だと弱い男性を笑い者にして、クズ扱いして、 
「こんな人間誰が採るよw」とかいって余裕ぶっこいてた会社員様が、 
超少子高齢化・人口減少による内需の縮小で 
自分の所属してる企業が大赤字で潰れる。 
そして年金も破たんし国ごと崩壊。 
今自分がこの日本と言う豊かな国で、豊かなインフラで、幸せに生活で来てるのは、 
「どこかの他人が子供を作ってくれて、その国力によって維持されてる」ものなのに。 
昔の為政者はそれが分かってた。 
「全員揃って豊かにならないと、国は決して繁栄しない」ことを知ってた。だから底辺を見捨てなかった。 

「自分だけ金持ちでいられる」なんてそんな虫のいい話はないんだよね。 
金持ちになるには、庶民に自分とこの商品を買ってもらってなんぼなんだから。 
その庶民をないがしろにして、子供産めないような状況になっても「自己責任」「努力不足」と吐き捨ててたら、 
自分とこの商品買ってくれる人がいなくなるのは当たり前のこと。 
それで今、超一流企業様の自動車産業すら危機に貧してるからね。 

安泰と思ってた自分の企業が、その報いを一身に受けて潰れる日が来るなんて夢にも思ってないんだろうね。 
人を大事にしなかった国は滅びる。弱者を馬鹿にして見捨てた報いは全て自分に返ってくる。 
因果応報。

引用元:http://himasoku.com/archives/52162347.html

無料掲示板で、2012年にカキコミされたとあるコメントが話題となっている。

ニートや、派遣社員などの非正規社員をバカにする社会全体が、結果的に巡り巡って自分たちの首を絞めているという意見だ。

今の日本では、失業率はかなり低い状態で抑えられているが、平均年収はお世辞にも高いとは言えない。それは、バブル崩壊以降に爆発的に増えてきた非正規社員の占める割合が大きくなったことが原因だと言われています。

確かに、失業するよりはマシなのかもしれませんが、一度でも非正規雇用を経験してしまうと正規社員になるのはかなり難しいです。というより、一度でも失敗すれば立ち直るのが困難だというのが今の日本の大きな問題だと思います。

私の好きな戦国武将である武田信玄の名言に以下のようなものがあります。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」

人材こそが強固な守りになる。情けは人の心をつなぐことが出来る。しかし仇が多ければ結局は国を滅ぼす事になることになってしまう」という意味になります。

中でも前半の「人は城、人は石垣、人は堀」の部分は、武田信玄が人材を何よりも大切にしていたことがよく分かります。

火縄銃という当時の最新テクノロジーによって、息子の勝頼の時代に滅亡のきっかけを与えられた武田家ですが、それまでは日本国内でも最強の武力と統率力を誇った軍を有する一大勢力でした。

そんな武田家を最強の軍団に仕立て上げた武田信玄の発言だからこそ、「人は城、人は石垣、人は堀」の名言は真実だということが証明されるのです。

大昔から、人を大切にすることが国の繁栄には欠かせないことが分かっていたのに、近代の政治家たちは自分たちの利益を優先していたため、今の日本は成長の見込みがなくなるほどに弱まってしまったのではないでしょうか。

全体を底辺に合わせるのも、国の勢いを殺してしまうというデメリットがありますが、国民を大切にするという当たり前のことを国がやらない限りは、内需の回復及び、日本経済の復活はあり得ないのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました