【悲報】株式市場はやっぱりバブルなのか?

投資の考え方
スポンサーリンク

投資に関する記事が掲載されているAERAにて、興味深い記事を発見しました。

「続く株高、いっぺんに投資」は危険!プロが教える今必要な投資スタンス〈dot.〉
 株式市場が好調だ。米国市場は史上最高値を更新し、日経平均株価も新政権による経済対策への期待などから3万円台を付けるなど30年ぶりの高値水準にある。 ...

今週末は少しだけ調整があったものの、米国市場は史上最高値を更新し、日経平均株価も新政権による経済対策への期待などから3万円台を付けるなど30年ぶりの高値水準にあるのが現状です。

足元、世界的に株価だけではなく、不動産や金・暗号資産(仮想通貨)などの資産価格も全般に堅調に推移しています。

 しかし実は、この状態が「バブル」状態であることを示唆するデータもいくつか出ています。

 その最も端的なものは、世界の株式市場の時価総額が世界のGDP(国内総生産)合計を突破した、という事実でしょう。

 世界中の株式市場に上場しているすべての企業の時価総額の合計は、2020年12月に史上初めて100兆ドル――1京(けい)500兆円――を超えました。

 一方、世界の名目GDPは、国際通貨基金(IMF)の予想では、2021年は91兆ドル(9550兆円)に急回復すると見込まれています。

 株式市場が付ける企業の価値の総和は、コロナからの回復を織り込んだ世界のGDP合計をすでに上回っているのです。

 2008年の国際金融危機(日本では、「リーマン・ショック」と言われています)の直前の株高局面でも、時価総額がGDPを上回ることはありませんでした。

 さらに、実態経済と比べるべき対象は、株式の時価総額に銀行融資残高や債券発行残高などを加えた金融サービス全体の規模である、と考えることもできます。

 SIFMA(アメリカ証券業金融市場協会)によれば、2019年の社債の発行残高は105.9兆ドルであり、株式(95兆ドル)と合算した資本市場の規模は200兆ドルを超えています。これに銀行融資を加えると、金融市場のボリュームは全世界のGDPの3~4倍にも達していると言われています。

注目すべきは、リーマン・ショック発生前でもあり得なかった、『世界中の株式市場の時価総額>世界のGDP合計』という状況が発生しているということだ。

1年間に世界中で生み出される価値よりも、株式の価値が高まっているというのは、おそらくバブルに近いと言える状況なのではないでしょうか。

そもそも株価は、『将来の価値』を先取りして日々忙しなく動くものです。だからこそ、コロナショックで大きく株価が暴落したとしても、コロナ後の経済の回復を見越して株価が上昇してきたという面があります。

最近はまた、何もしなくても株価が上昇していく場面が当たり前になってきたので、どこで調整してもおかしくない状態ではあると思いますが、たった1年ちょっと前に一瞬とはいえ株価が暴落したことを忘れてはならないと思います。

株価が調子の良い時に限って、持っている資金を全力で投資して高値掴みする初心者が多いですが、本来であれば、株式市場が調整して下がっている時ほど投資するチャンスが訪れていると言えるのです。

そう考えれば、特に今のような状態で一気に大きく株式投資をするのは、危険なことだと私は思います。

私自身も最近は個別株投資に消極的ですが、今のタイミングで大きく投資するのはちょっと気が引ける場面だなと感じているからです。

元記事の筆者も「今後の投資においては、市場で大幅な価格調整(下落)が起こる可能性があることを念頭においた投資スタンスが重要だと考えています。」と記載しています。

例えば100万円の資金があった場合でも、株高のバブルを感じるタイミングでは一気に100万円投資するより、10万円ずつ10回に分けたり、5万円ずつ20回に分けて投資した方が下落時でも機械的に投資できるというメリットがあります。

もちろん、株価がさらに上がり続けるのであれば、今このタイミングで一括投資した方がリターンは大きくなるのですが、それほど楽観的に投資できる状況ではないという意見も頭の片隅に入れておいた方が良いかと思います。

今がバブルかどうかは、バブルの最中には絶対にわかりません。後から振り返ってあの時がバブルだったなぁと懐かしく思うものなのだと思います。

だからこそ、バブルの懸念がある今、許容リスクを超えた投資をするのは、あまり良い選択ではないのではないかと私はそう考えております。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました