【悲報】投資で成功してFIREしたFPの悲しき末路・・・

マネー論
スポンサーリンク

ブログ記事を書くために、いつも通りネットサーフィンをしていたところ、プレジデントオンラインにて興味深い記事を発見しました。

夢の早期退職「日暮れまで缶ビールを空けずにどう過ごすかが悩み」というFIREの末路 お金はあるが、やりたいことはない
今、話題の「FIRE」は、現役時代にまとまった資産を形成して早期リタイアし、その後は、投資で年4%の収益を得ることで一生涯安泰という夢のような生活だ。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏は「やる気と戦略があれば年収25年分の資産をつくることは可能ですが、現役時代にFIRE実行後の“生きがい”探しもしなければ、あとで膨...

今、話題の「FIRE」は、現役時代にまとまった資産を形成して早期リタイアし、その後は、投資で年4%の収益を得ることで一生涯安泰という夢のような生活だ。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏は「やる気と戦略があれば年収25年分の資産をつくることは可能ですが、現役時代にFIRE実行後の“生きがい”探しもしなければ、あとで膨大な自由時間を持て余すことになる」と指摘する――。

改めてFIREといえば、Financial Independence『経済的自立』Retire Early『早期退職』を合わせた言葉であり、コロナの影響でプライベートや仕事についての考え方が変化した日本人の間でも憧れの生き方の一つだと考えられるようになったようです。

ファイナンシャルプランナーの山崎氏は、「年収の25年分」にあたる資産を築き、「(リタイア後も)年4%の収益を得て取り崩す(4%ルール)」ことにより、資産は減らずに一生涯の経済的安定を確保したリタイア生活が可能になるというルールで資産形成に当たり、見事にFIREを実現されたようです。

しかし、FIRE実行後の「生きがい」探しもまた悩ましいのだと、山崎氏は主張する。

現役時代、企業でバリバリ働いていた部長クラスの人たちが、定年を機に外出することもなくなり、一気に老け込んでしまうというケースはよく耳にする話です。

私は常々、無理してFIREを目指す必要はないというふうに主張しています。もちろん、会社に頼るのではなく、自分自身で資産を形成し、何かあっても生きていける状態を作り出すのは必要ですが、働かなくても生きていけるからと言って、労働をやめてしまえば、あまり幸せな生活は待っていないのかもしれません。

例えば元々、無趣味だという人であれば、仕事を辞めて24時間自由に使える状況になったとして、残りの人生、一体何をするために生きていくのでしょうか?毎日、『生きていくだけ』の生活になれば、それが果たして幸せと呼べるのか、疑問ですよね。

また逆に、趣味が多くて自由な時間でめいっぱい趣味を楽しみたいと考える人も危険です。

今まで仕事に打ち込む時間があるために時間に制限があった人が、趣味に没頭するとなると、大抵の趣味で現役時代よりも出費が嵩むことになるだろうと想定されます。

例えば現役時代の年収が500万円で、旅行が趣味という方は、日々の生活の中から年1回か、2回程度の旅行のための資金を捻出していたと思いますが、年間500万円の不労所得を得たとして、1年中世界を飛び回っていれば、とても500万円程度の収入では満足することができないことに気づくはずです。

また、独身時代に年収400万円だったから、400万円の不労所得でFIREをしたというケースの場合、結婚や子供ができればライフプランに陰りが見えるのはいうまでもありません。

目的のないFIRE、生きがいのないFIREは、ただの現実逃避に過ぎません。

数日、あるいは数週間程度の「何もしなくていい時間」は快楽です。おそらく昼寝をしては、3時頃から缶ビールを空け、サブスクで映画を見てはその気持ちよさに浸ることでしょう。普通の会社員生活ならGWや夏期休暇がそんな感じです。

それも何日か続けるうちに「この生活をこのまま続けるのだろうか」と恐怖が訪れます。私の父親は67歳まで働いてリタイアしたのですが、最初の1年悩んでいたのは「日暮れまで缶ビールを空けずにどう過ごすか」だったそうです。

では夜になるまで何をして過ごすか。自分なりに毎日どう過ごすかアイデアを出せるでしょうか。缶ビールを前に日暮れを待つのがFIREの末路なら、これは悲しいことです。

FIREを目指すためにも、しっかりと目的意識を持たなければ、何もすることがなくただ衰えていくばかりで、想定していたよりも早死にするリスクも高まることだろうと思います。

あなたがもし、FIREを目指しているのであれば、FIREを目指すというよりは、FIREした後の長い人生で何をしたいのか?というところを重点的に考えておいた方が良いでしょう。

もし仮に、40代でFIREを達成したとして、1年くらい悠々自適な生活を楽しんだ後、やっぱりサラリーマンとして働きたいなどと考えても、1年間の空白期間がある中年を雇ってくれる大手企業は、まだ日本には少ないですから、まともな再就職は期待できないのではないでしょうか。

だからこそ、FIREをするなら2度と従業員という立場には戻らない覚悟で、自分で事業を起こすのか、不労所得の範囲で慎ましく生きるのか。しっかりと計画を立ててから行動するのがベストだと言えるのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました