【悲報】 貧困国ニッポン、”一億総貧困時代”の到来か・・・!

マネー論
スポンサーリンク

ダイヤモンド・オンラインにて、興味深い記事を発見しました。

“旧中間階級”は年収127万円減、貧困大国ニッポンの全「階級格差」データを初公開!
『週刊ダイヤモンド編集部』9月11日号の第1特集は「新・階級社会 上級国民と中流貧民」です。日本社会は、格差社会よりもシビアな「階級社会」へと変貌を遂げていた。一握りの上級国民を除き、誰も上昇することができない理不尽な世界だ。その残酷な実態を明らかにする。

名目上、GDP世界3位の”経済大国”である日本ですが、我々国民の現実は厳しい。

高度経済成長期〜バブル崩壊までの日本と違い、ただひたすらにサラリーマンとして働いているだけでは豊かになれないというのは現代の日本ではもはや常識です。

実際バブル期以降は日本でも徐々に経済格差が拡大しているのは事実です。そして格差が広まってきた原因の80年代から急速に労働現場に浸透した非正規労働者の存在である。

日本の格差問題を固定化し、かつ深刻化させたのは、80年代から急速に労働現場に浸透した非正規労働者の存在である。正社員が担っていた仕事の一部を、低賃金の非正規労働者に置き換えていったのだから、格差が拡大していくのは当然のことだ。

 今の日本社会を、「格差社会」などという言葉で表現するのは実態を表していない。格差社会よりもはるかにシビアな「階級社会」へ変貌を遂げていたのだ。

 それは、出自や教育環境、就職時期の経済環境などによって階級が決まる「現代版カースト」ともいえる理不尽な世界だ。

 厄介なことに、階級格差は親から子へ、子から孫へと世代を超えて連鎖し受け継がれていく。世襲されることで、格差は加速度的に広がっていくのだ。

この意見には、賛成とも反対とも取れないところはあります。確かに格差社会というよりも階級社会とも取れるような社会が形成されつつある点は否めません。子供にとっては親の影響は大きく、カーストの上に上がることができないという人がいるのも事実でしょう。

しかし、勉強さえすれば成り上がることができるという点で、完全に理不尽であるとも言えません。自分の努力次第で上を目指すことはできると考えています。

ただ、上を目指すためには幼い頃からの教育は必須であり、貧困層ではその重要性に気づいている割合が少ないために結果としてカーストから抜け出せず負のスパイラルに陥る人たちが多数派を占めることになるのです。

しかし、格差が徐々に広まっているとはいえ、コロナの影響でこの2年間で全ての階級で収入が大幅に減少してしまったということだ。

ダイヤモンド・オンラインより

コロナの影響でただでさえ先行きが見えない経済状況に拍車がかかったために、消費が滞ったこともあり、巡り巡って全ての国民の収入が減ってしまったというのは仕方ない面があると思います。

一億総貧困とも言える現状ですが、その中でも特に『旧中間階級』と呼ばれる自営業者等と、『アンダークラス』と呼ばれる非正規労働者層での収入減の割合が著しく高いとのことだ。

ダイヤモンド・オンラインより

コロナの影響も一進一退の状況が続いており、いつになれば収束するのか全く目処が立たない状況ではありますが、このままコロナが続けば確実に旧中間階級の自営業者がアンダークラスに転落する未来が見えています。

今のまではいけないと思います。

だからこそ日本は今のままではいけないと思います。

今の日本でお金の心配なく日々の生活を送るためには、やはり投資をすることは必要不可欠だと感じています。

豊かではなくなった今だからこそ、社会に頼りっぱなしになるのではなく、自分で自分の面倒を見なくてはなりません。

本気で自分のことを考えてくれるのは、何よりも自分だけなのです。

ですから、自分の収入を全て生活費に投じてカツカツになってしまうのではなく、自分の収入でも最低1割くらいは余剰資金が生み出せるように生活水準を見つめ直し、『身の丈にあった』生活を日々心がけることが必要です。

そうして生み出した余剰資金をコツコツ投資することで、数十年もすればあなたが働かなくても生きていくための資金源になっていくだろうと私は思います。

私は未だ、5,000万円程度の資産を有するに過ぎませんが、それでも老後に必要な資金が2,000万円と言われている現代において、このまま定年まで無難に働き、無駄遣いをしなければ、仮に子供ができてそれなりの教育を施してあげたとしても、十分に豊かな老後を送るだけの余裕はあるだろうと思います。

自らの意思と力で資産を築いていけば、これからどんな逆境が訪れたとしても、お金に困る生活を強いられることは無いのではないかと私は考えています。

日本がこのままでは”一億総貧困時代”は避けられない未来だと言えるでしょう。だからこそ一人ひとりが真剣に自分の将来のお金のことを考えるべきなのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました