【訃報】キリンビールの布施社長、61歳の若さで急逝・・・

社会・政治
スポンサーリンク

キリンホールディングス(HD)傘下のキリンビールの布施孝之社長が急逝したことが3日、ダイヤモンド編集部の取材で分かったとのことだ。享年61歳。

キリンビールの布施社長が急逝、後任は磯崎キリンHD社長が兼務へ
キリンホールディングス(HD)傘下のキリンビールの布施孝之社長(61)が急逝したことが3日、分かった。キリンビール社長は当面、キリンHD社長の磯崎功典氏が兼務する方向で調整している。

布施氏は2015年にキリンビール社長に就任。20年にはビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)のシェアで11年ぶりに首位をアサヒビールから奪還するなど「王者」の復権に注力した名経営者で、大企業の重役でありながらも平身低頭な人柄で人望も厚かったという。

布施氏が社長に就任した当初の15年ごろはアサヒに次ぐ万年2位が定着していたが、主力ビール「一番搾り」に経営資源を集中させて底上げに成功。『選択と集中』による経営戦略は布施氏の大きな功績だと言えるでしょう。

「一番搾り」に経営資源を集中 一点突破 再興に挑む(1)|出世ナビ|NIKKEI STYLE
キリンビールの布施孝之社長の「仕事人秘録」。第1回は千葉市の稲毛海岸で過ごした幼い日々やバレーボールに打ち込んだ早稲田大学のころを振り返ります。――海辺の街で自由奔放な少年時代を送る少年時代は潮の香りとともにあります。千葉市の稲毛海岸で生ま…

また、2018年に投入した第三のビール「本麒麟」を大ヒットさせ、シェアを急速に伸ばしたことも大きく、コロナ禍において自宅での晩酌の需要が広まった2020年に、念願のビール類のシェア1位の座をアサヒから奪還したばかりで、これからの益々の活躍が期待されていたばかりでした。

私は最近、お酒自体を飲んでおらず、ビールも目にする機会が減ってしまいましたが、私が小さい頃、親戚が集まると叔父さんたちが好んで飲んでいたのがキリンの「一番搾り」でした。

当時小学生の私はもちろんビールを飲めませんでしたが、「キリンビールの缶に描かれた麒麟の絵の中に、『キリン』の文字が隠れているから見つけたらお小遣いあげるわ」と言われて必死で探していた思い出があります。笑

そんな個人的な思い出深いキリンビール。確かに最近は他のメーカーの商品の方が見かけるなと薄々感じてはいましたが、復権したということを知って何だかすごく嬉しかったです。

歴史あるキリンビールを見事に復活させた社長が、わずか61歳の若さでお亡くなりになるなんて・・・本当にショックです。

やはり、素晴らしい人ほど薄命なのかもしれませんね。優秀な人ほど神様に愛されているから、早死にするのだと聞いたことがあります。

本当に残念でなりませんが、布施氏が遺した実績をもとに、キリンビールがこれから盤石の体制を築き上げることを願うばかりです。心よりご冥福をお祈りいたします。

今年のお盆は実家に帰ることができませんでしたが、今度帰った時には叔父さんのお墓に一番搾りでもお供えしようかな。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました