【超絶悲報】新国立競技場、案の定、不良債権になってしまう・・・

社会・政治
スポンサーリンク

予想外の盛り上がりで幕を閉じた東京オリンピックですが、案の定、大きな問題が残ってしまいました。

オリンピック終了でやっぱり…「新国立競技場」の買い手をめぐる「悲しき現実」(週刊現代) @moneygendai
日本勢の連日のメダル獲得で盛り上がる東京オリンピックだが、宴が終わると突きつけられる「現実」がある。「メインスタジアムである新国立競技場の運営権の『買い手』の目処が、一向につかないんです」こう語るのは、文部科学省の関係者だ。

「メインスタジアムである新国立競技場の運営権の『買い手』の目処が、一向につかないんです」

こう語るのは、文部科学省の関係者だ。

1569億円を投じて建設された巨大な新国立は、維持管理費も年間で約24億円がかかると試算されている。そこで、文科省が所管する独立行政法人「日本スポーツ振興センター」(JSC)は、大会終了後に民間に運営権を売却し、国費の負担を軽減する目論見だった。

(中略)

「JSCは、Jリーグの本拠地にしてもらおうと、FC東京の大株主である東京ガスや、鹿島アントラーズの大株主であるメルカリなどに水面下で接触してきましたが、いずれも色よい返事はもらえなかった」

スタジアム運営に精通する東京都市大学元教授の小松史郎氏は、「企業が二の足を踏むのも無理はない」と語る。

「競技場に特化させた設備のため、屋根がなく音響や空調の設備も十分ではないので、コンサートなどのイベントにも使いにくい。改修しようにも、大規模な追加投資が必要になる。短期的に採算をとるのが難しい施設です」

このまま秋以降の入札で手を挙げる業者がなければどうするのか。

「仮に民間事業化されなかった場合には、維持管理費の財源について、スポーツ庁と連携して検討することとなります」(JSC広報担当者)

結局、血税で穴埋めし続けることになりそうだ。

オリンピックが始まる前から予想されていたことではあるが、メイン会場となった『新国立競技場』が日本にとって大きな債務となる可能性が指摘されている。

それもそのはず、維持するだけで年間24億円もかかるこの競技場は、突貫工事で造られた建造物のため、屋根もなければエアコンも整備されておらず、民間で使うにはとても使いづらい物件となっている。

仮にこれを買い取ったとしても、リフォームに追加で何十億という資金をかける必要があるため、先の見えないコロナ禍においてイベントが開催しづらい現状、民間企業にこのような不良債権の面倒を見る体力は残っていないのである。

ネット上でも、『さっさと更地にした方がマシ』『こんなのに年間24億円とかマジかwww』などといった声が溢れている。

オリンピックを開催した後の競技場や選手村などの設備が廃墟となるケースは各国で見られており、悩みの種となっているケースも珍しくない。

五輪施設の今がわかる34枚の写真…ベルリンから北京、ロンドン、リオまで
2020年夏季五輪が東京で開催されている。これまでの開催都市のなかには、カナダのモントリオールのように、五輪のために建設した施設の一部の再利用に成...

日本も予定よりもお金をかけて建造した競技場にも関わらず、設備が不十分なため、こうなることは容易に想像できました。

しかも都内の割には交通の便も良くないので、本当に採算の取れないクズ物件となってしまいました。

多くのネット民が懇願するように、血税で毎年24億円もの維持費を払い続けるぐらいなら、さっさと取り壊してしまった方がいくらかマシな気がしますが、おそらく取り壊すか民間に売却するかを話し合っているうちに、余裕で数年は経ってしまうのではないかと予想されます。

コロナの影響で無観客となったこともあり、結局は大赤字で幕を閉じた東京オリンピックですが、このツケを払わされるのはおそらく我々都民になってしまうのでしょう。

こうなることは予想できたにも関わらず、後先考えずに作ってしまったものの面倒を見続けるというのは正直、賢いお金の使い方とは言えませんよね。せめて屋根とエアコンがあれば、災害時の避難所などに活用できたかもしれませんが、それもできないとなると本当に1日でも早く取り壊した方が良いのではないかと思います。

しかも巨額の資金を使って、こんな微妙な競技場を作ったわけですから、「もっとお金をかけておけば・・・」などとも言えないのが悲しいところです。

この微妙な建造物のために、これから先、一体どれくらいの資金が投じられるのかわかりませんが、いち都民としては、さっさと更地に戻して植物でも植えた方が将来の日本のためになるんじゃないかなと思いました。

政治家も近未来的ではなく、長期的な視点に立って物事を進めていって欲しいものだなと私は改めて感じた次第です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました