【朗報】コロナワクチンの接種が完了しました!

社会・政治
スポンサーリンク

一昨日の朝から、2回目の新型コロナウイルスのワクチン接種に行ってきました。ワクチンを受ける直前のツイートには、経験者のフォロワーさんからたくさんのアドバイスをいただきました。そのおかげで十分に準備することができました。本当に色々とアドバイスをくださりありがとうございました。

私は1回目の時もかなりの副反応が出たのですが、やはり2度目はそれにも増して副反応がキツイものがありました。接種が終わって数時間後には微熱とワクチンを打った腕の痛みが激しくなってきたので、その日は午後から半休をいただき、翌日は終日有給をいただいてゆっくりと副反応と向き合う時間を取ることができました。

会社からはワクチン接種に関して、通常とは別に特別休暇をいただくことができました。これは本人だけではなく、家族がワクチンを接種する際にも適用される特別休暇だということで、家族の看病にも使える素晴らしい制度を採用してくれたなと感じました。

普段高熱は出ない体質なのですがワクチン接種の翌日には最高で38度近くの熱が出るなど、副反応で苦しい目にも遭いましたが、コロナウイルスに感染して後遺症が遺ることを考えれば、1日半程度の苦しみであれば耐えることができました。

私も、私のパートナーも無事にコロナワクチンを2回接種することができたので、あと2週間ほどすれば新型コロナウイルスによって命を落とす危険性は、ほぼ無くなるのかなと思います。本当に良かったと思います。

一方で、「我々はこんなに優先してワクチンを接種して良かったのだろうか?」という思いもありました。

私がコロナワクチンを接種することができたのは、会社がワクチンを確保してくれた『職域接種』によるものです。実際我々が住んでいる自治体では、クーポンが届いているもののまだ1回目の予約すら取れない状況にあります。

職域接種の募集は必要数を確保できなかったという理由で募集が中止になったりとグダグダ感がありましたが、私の会社は1度目の職域接種でワクチンを確保できたことで優先してワクチンを受けることができたわけです。

しかし今の弊社の状況を鑑みると、優先してワクチンを接種する必要があったのだろうか?と感じます。1年以上前に始まったテレワークはどんどん社内でも浸透率が上昇し、今はほとんどの社員が100%テレワークをしています。私自身も今期に入って5月以降は一度も出社していません。

そんな私ですが、コロナワクチンを受けるチャンスがあれば1日でも早く受けたいと考えていたので最速で受けることができる職域接種でワクチンを受けさせてもらったのですが・・・正直言うと、もっと優先して受けるべき職種や人たちがいたんじゃないだろうかと思うわけです。

例えば宅配業や介護職、スーパーやデパートなどで働いている方々など、多数の人と接触する可能性がある上にテレワークができない業種が第一に優先されるべきところですよね。

あとは、インフラ系や職業的にどうしてもテレワーク不可な業界で働く人々ですね。こういう人たちを優先してワクチンを配るべきだったのではないだろうかという思いは強いです。

一方で、私はかなり前からワクチン賛成派だったので、少しでも早くコロナワクチンの接種を受けることができたことは大変満足しています。転職を続けて、都心の大企業に入って良かったなということを今回改めて感じさせられた次第です。

今は30代になったので落ち着いて仕事を続けようと考えていますが、20代の頃は何度も転職を重ねてきました。新卒の就職難が重なったこともあり、一番初めに入社した会社は、大阪の小さな中小企業でした。そこから経理として経験を積み、どんどんステップアップする形で今の企業に入社したのが3年前です。

一時は役職も経験し給与もかなり上がったために、投資に回す資金を確保しやすくなったという面もあり、投資を始めた20歳当時よりもかなり早いペースで資産が増加しているというのが現状です。

過去2〜3年を振り返ると、会社から独立してフリーランスとして活動したり、FIRE、地方への移住など、ワークライフバランスについて考えさせられるような社会の流れが目立つようになりました。

ただ、社会のブームに乗って会社を辞めてフリーランスとして活動したり、FIREや地方への移住をしていると、確実に現段階ではコロナワクチンの1回目を受けることすら未定だっただろうなと思います。

終身雇用はすでに崩壊しており、いつまでも同じ会社で働き続ける時代ではなくなったのは確かです。私も会社に頼らずに投資や副業で収入源を確保することを勧めています。入社した会社がブラック企業ならすぐにでも辞めて転職活動をすることも勧めています。

独立するスキルがあるならそれもまた良し。億を超えるほど資産を築いてから余裕を持ってセミリタイアするならアリだと思いますし、田舎で暮らすのも悪いことではないと思います。

しかし、会社員として働くことに関しても、十分にメリットがあるわけで、福利厚生などが充実している企業なら何も無理して退職して独立することを考えなくてもいいんじゃないかなぁと感じました。

会社員として目立たないようにコツコツと資産を増やし、セミリタイアの準備をして、「え?まだ日本ではワクチン受けられないの?じゃあ、ハワイに行ってワクチン受けてくるわwww」くらいの余裕が出来てからでも、独立するのは遅くないんじゃないだろうか。と私は今回の件で考えさせられました。会社員も悪いことばかりではないなと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました