【悲報】米国防総省、マイクロソフトとの大型クラウド契約を解約・・・

投資の考え方
スポンサーリンク

米国防総省は6日、トランプ前政権時代に米マイクロソフトと契約した総額100億ドルの大型クラウド契約を解約すると明らかにし、代わりに米アマゾン・ドット・コムなど複数の企業が参画するとみられる新たな計画を発表しました。

米国防総省、マイクロソフトとの大型クラウド契約を解約
[ワシントン 6日 ロイター] - 米国防総省は6日、トランプ前政権時代に米マイクロソフトと契約した総額100億ドルの大型クラウド契約を解約すると明らかにし、代わりに米アマゾン・ドット・コムなど複数の企業が参画するとみられる新たな計画を発表した。同プロジェクトは「JEDI(Joint Enterprise Defens...

当初は、2019年末にマイクロソフトが契約を獲得したが、アマゾンが訴えを起こしたことを受け、保留されていた契約ですが、この度正式に解約されたことが明らかとなりました。

また、国防総省はこの日、要件を満たせるのはマイクロソフトとアマゾンしかないとの見解を当初示したが、その後、政府の要件を満たせる場合、向こう3カ月で他のクラウドサービス提供業者にも対象を拡大すると表明した。

この発表を受けて、アマゾン・ドット・コム(AMZN)の株価は4%を超える上昇。史上最高値をつけました。

マイクロソフト(MSFT)の株主である私にとっては、あまり良いニュースとは言えませんが、保留となっていた案件が改めて動き出したことでマイクロソフトとアマゾン、そしてそれ以外のクラウド大手企業にとっても良いビジネスのチャンスが訪れたと言えるのではないでしょうか。

解約されたといっても、マイクロソフトの目が無くなったというわけではありませんからね。再びマイクロソフトがコンペに競り勝って、米国防総省の受注を受けてくれることを期待しています。

また、マイクロソフトはこの契約が白紙になったからといって本業となるビジネスには何の問題もありません。すでにマイクロソフトの株価は上がりまくっており、終値こそ前日比とほぼ変わりませんでしたが、マイクロソフトもアマゾンと同様、昨日は最高値を更新しました。

アップル(AAPL)と同様、史上2社目となる時価総額2兆ドルを超えたマイクロソフトにとっては、死角はありません。

やっぱり、GAFAMはまだまだ強いなと感じますね。米国の巨大ハイテク企業がこれからも世界を回し続けるだろうと感じた次第です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました