【驚愕】引退のVtuber、最後のライブ配信で驚きの金額を稼いでしまう・・・www

マネー論
スポンサーリンク

6月末で引退したというバーチャルユーチューバー(VTuber)の鈴原るるさんが、最後のライブ配信で約2時間で1,000万円を超えるスーパーチャット(投げ銭)を獲得したことが明らかになりました。

VTuber鈴原るる引退で「大量投げ銭」 わずか2時間で1000万円超...感謝のスパチャ相次ぐ
バーチャルユーチューバー(VTuber)の鈴原るるさんが2021年6月30日をもって引退した。YouTubeで行われた最後のライブ配信では、約2時間で1000万円を超えるスーパーチャット(投げ銭)を獲得した。鈴原さんは引退を決めた理由について、悪質なリスナーらによる迷惑行為の対応に追われていたことから、「リスナーに心配...

鈴原さんは引退を決めた理由について、悪質なリスナーらによる迷惑行為の対応に追われていたことから、「リスナーに心配をかけるのが心苦しい」「活動が中途半端になるのが嫌」などと明かしました。

鈴木るるさんは、2019年5月から配信をスタートした大学生という設定で、ゲーム実況などで人気を博していたようですが、前述の通り、悪質なファンからの迷惑行為に耐えかねて引退を決意することになったようです。

まあ、私は存じ上げなかったのですが、活動期間はわずか2年程度ながら、2時間で1,000万円を稼ぎ出すだけのコンテンツを作り出したというのは素晴らしいと言わざるを得ないですね。

スーパーチャット、投げ銭と呼ばれる行為は近年、社会問題を引き起こしています。

子供が親のクレジットカードを不正に利用して何十万円という投げ銭をしていたという事例や、社会人でも収入以上の投げ銭で身を滅ぼす人が出てきたりというニュースが流れておりました。

まあ、誰が何にお金を使おうが勝手にすれば良いと思いますが、ゲームアプリへの課金などと同じく、こういう投げ銭というものに大金を注ぎ込んでしまう人の気持ちが私にはあまり理解できません。

趣味といえばそれまでですが、何が楽しいんだろう・・・?と思ってしまいます。

また、今回のように2時間で1,000万円以上を稼ぎ出したという事実を見れば、こういったオタクからお金をむしり取るVtuberというコンテンツが非常に稼ぎやすいネタなんだなということも改めて感じました。

もちろん、彼女が活動し続けたゲーム配信の腕前や、動画内容が面白いからこそファンが付いたのはいうまでもありませんので、誰もがマネして2時間で1,000万円を稼ぎ出すことができるとは言えませんが、最近Vtuberというものが乱立しているのも頷ける儲かり具合だと思います。

しかし、結果的にストーカー被害で引退を余儀なくされるなど、人気商売であることには変わりなく、アイドルのように顔出ししていなくても危険性はありますので、継続していくのが難しい商売だなとも感じました。

いくら大金を注ぎ込んでいこうと、Vtuberもアイドルもいずれは引退を迎えます。そうなった時に、投げ続けたお金は当然戻ってくることはありません。いくら趣味とはいえ、大好きなアイドルやVtuberへの投げ銭はほどほどにしておいた方が無難だなと思った次第です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました