【残念】弊社、派遣社員さんが退職してしまいました・・・

雑記
スポンサーリンク

先週、派遣社員さんが2名退職となりました。お二人とも私がマネージャーの時代から支えてくれたお仕事のできる派遣さんだったので、少しショックもありました。

コロナの影響もあって、送迎会なども開催できなかったので、残念な気持ちでいっぱいです。

もうすぐ派遣社員としての期限である3年になるので、このまま正社員になってもらえば嬉しいなと思っていたのですが、残念ながら退職の運びとなりました。

今年の4月から部長が変わったことで部内の方針が変わり、以前から目標としていた派遣社員をゼロにするというのを推進していくことになった結果、これから数ヶ月をかけて、派遣社員をゼロにしていくことになりそうです。

その結果、正社員に業務を集中させることになり、私もジョブローテーションで仕事内容が変わっていきそうです。また、以前から私がやっていた仕事も若手社員が数名で手分けしてやっていくことになりそうで、働き方が大きく変化していきそうだなと思います。

派遣社員・非正規社員というのは社会問題になる程、不安定な働き方です。フリーターという言葉が生まれてから30年ほど、一度非正規社員になれば正社員になることができないと言われているように非正規社員になってしまえば、長年非正規でしか働いていないという人も多いです。

まあ、非正規の方が責任は軽いのでラクだということで非正規社員を選択している人も多いでしょうが、最近では非正規社員でもサービス残業があるというようなブラック企業もあり、派遣される会社次第だということも明らかになっています。

非正規社員が不安定なのは昔からですから、ある程度覚悟もできるものですが、今の時代、非正規社員だけでなく、正社員でもいつまでもそのポストが安定しているとは言えないでしょう。

超大手のパナソニックでも、多額の退職金の上乗せをしてでも早期退職を求めるような時代です。

【朗報】パナソニックさん、退職金4,000万円上乗せで大規模リストラが話題に・・・!
ダイヤモンドオンラインによると、日本を代表する企業のパナソニックが、バブル世代をメインターゲットにした大規模リストラに着手することがわかりました。対象は勤続10年以上の社員ということだが、実際には「50歳以上のバブル世代」...

40代も半ばになれば、いつ早期退職を求められるかもしれない時代になってきていると思います。私が40代半ばになった頃には今よりももっと多くの企業が早期退職を求める時代になっていくだろうと思います。

いつまでもサラリーマンとして正社員で働くのが安定した働き方だと思っていると、どんどん時代に取り残される人になってしまいます。

というかすでに、今の時代『正社員なら一生大丈夫〜』なんていう風に考えているのは、よほどのバカか世間知らずだけだと思いますが、時代に取り残されないためには、サラリーマンとしての収入だけに頼るのではなく、副業や不労所得などの第2、第3の収入源を確保することだと思います。

そのために、株主への還元がしっかりしている米国の優良企業への投資を私はお勧めしています。

収入の一部を貯蓄に回し、それを元手に株を買い進めることこそ、『お金を稼ぐための労働』からの解放への道となります。

今の会社でいつまで働くことができるのか分からない時代だからこそ、投資を通じて資産形成をすることは全国民に必要なことなんじゃないかなと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました