【朗報】パナソニックさん、退職金4,000万円上乗せで大規模リストラが話題に・・・!

マネー論
スポンサーリンク

ダイヤモンドオンラインによると、日本を代表する企業のパナソニックが、バブル世代をメインターゲットにした大規模リストラに着手することがわかりました。

パナソニック「退職金4000万円上乗せ」で50歳標的の壮絶リストラ【スクープ】
パナソニックが、バブル世代をメインターゲットにした大規模リストラに着手することがダイヤモンド編集部の調べで分かった。早期退職プログラムの一つである「割増退職金」の上限が4000万円に設定されるなど大盤振る舞いをする。それほどまでに、成果の乏しいロートル社員の滞留が戦力人材の活躍を阻むことが社内では問題視されていた。内部...

対象は勤続10年以上の社員ということだが、実際には「50歳以上のバブル世代」を狙い撃ちしているということだ。

その理由は、今回パナソニックが導入する「キャリアデザイン支援金」と呼ばれる割増退職金制度の内容。一般的には、会社が辞めてほしい年齢ほど加算額が手厚くなる傾向にあるのですが、実際にパナソニックの管理職の加算額のレート(支給月数)を見てみると、「50歳=支給額50カ月」がピークに設定されている。続いて支給月数の多い順に、51歳の49カ月、52〜53歳の48カ月、54〜55歳の47カ月となっている。パナソニックの経営陣が「50〜55歳」を辞めてほしいメインターゲットとしているのは明白であり、バブル期に入社した高給取りの無能社員を中心に退職を促している様子がわかります。

この割増金額は最大で4,000万円に設定されており、破格の大盤振る舞いだと言えるでしょう。

ネット上でも話題を呼んでおり、「4,000万円上乗せされるなら喜んで辞めるわ」「上限金額だけどこれだけ退職金もらえて辞めるまでの特別休暇も貰えるとか、壮絶どころかバブル世代って恵まれてるとしか思えん」というような羨望の声であふれている。

実際には、パナソニックとしては4,000万円を払ってでも辞めてもらいたい無能な高給取りが多いということなのでしょうが、やっとそういう人員整理に力を入れることができるようになったのかという印象を受けました。

仮に今、50歳の不要人員を4,000万円払ってでもリストラしておけば、例えば年収が1,000万円を超えるそれらの役職者に支払う今後10年以上の年収分がコストカットできるので、パナソニックにとっても素晴らしいことなのだと思います。

私も正直、4,000万円追加で退職金が貰えるなら喜んで退職したいです。笑

まあ、私が勤めている会社では企業型DCが退職金代わりになっているので、全く関係のない話ではありますが。

しかし、国内最大手のパナソニックがここまでしてでも50歳前後の従業員を追い出したいと考えていることを我々は重く受け止めておかなければなりません。

私が50歳を迎える頃、具体的には2040年頃には、今よりももっと中年社員に対する当たりは強くなっているだろうと思います。人生100年時代と言われ、会社員として働くことを推奨されているでしょうが、同じ会社で働き続けることは厳しいでしょう。

特に私が働いている経理という仕事は20年以内に確実に縮小されるだろうと考えています。会社の決算業務なんて、日常業務は海外に外注させることもできますし、計算なんて会計ソフトがやってくれますからね。AIが進出していけば、経理部門の仕事はかなり厳しいものになるでしょう。

そのため私は現在、決算業務の他にもRPA(ロボティックプロセスオートメーション)などにも着手して今後の経理部門に必要な知識や経験も積んでいる途中ですが、それよりもまず、仮に50歳前後にリストラにあっても問題のないような資産形成に力を入れているという一面もあります。

大手企業がやってることだから、自分には関係ないと思っていても、気づかないうちに自分の足元まで同じようなリストラの波が到達しているかもしれません。もし50歳の時に4,000万円余計に退職金をもらったからと言って、50歳からその資金で投資をしていてはリスクの高い投資で元本を減らしてしまうか、詐欺案件に騙されてしまうかしてしまうのが関の山です。

そうならないためにも、少しでも若い今のうちに投資に力を入れて、投資に対するアレルギーを取り除き、時間をかけて長期投資ができる体制を整えておくべきなのではないかと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました