【朗報】株価、そろそろ下げ止まる

投資実績
スポンサーリンク

昨日の米国株市場は久々に全面的に調子が良い様子でした。NYダウも微増。ナスダックも結構戻したように見えました。

米長期金利の低下を受け、前日に引き続き高PER銘柄が多いハイテク株に押し目買いが入っている様子でした。

たまにtwitterなんかをみると、「損切りしました」とか、「株を引退します」というようなツイートを散見しましたので、”Sell in May”もそろそろ底値かな?と感じ、追加投資をすることにしました。

最近よく買い増ししているアップル(AAPL)株を30株、取得単価126.5ドルで買い増しすることができました。

これでアップル株は150株の保有となり、やっとポートフォリオ全体の5%を占めるまでに成長しました。

日本はまだまだコロナ禍からの脱出が見えてきませんが、世界的にはすでに正常化寸前まできています。先進国ではワクチン供給がかなり進んでおりますし、米国政府はコロナワクチンの接種が完了した国民はマスクなしで外出しても良いという指針を発表しました。

ワクチンさえ供給されれば、コロナウイルスもそれほど恐れるものではないという強気の姿勢を見せています。

完全にコロナ前と同じような経済活動が戻ってくるのかというと微妙なところではありますが、コロナの中でもそれぞれの強みを見せたハイテク企業への投資はこれからも数年単位で報われるのだろうと感じました。

割安かと言われると決してそうは思いませんし、金利の影響を受けてしまうのは当然だと思います。

今まで『ハイテクグロース株!』と叫んでいた人たちが再び『GAFAM!』と叫んでいる声もちらほらと聞こえるので、また戻ってくるのかなーとも感じますが、私はこれからもアップルなどの自分の日常に溶け込んだ企業への投資はコツコツと続けていきたいなと思いました。

なんだかんだ言って、アップル製品が好きな人は多く、最新モデルがどんどん値上げしても、ユーザーが文句を言いつつ買ってしまう様子は、タバコにも似たような安心感すら覚えます。

正直、先日発表された決算内容も悪くなかったのに地合いの悪さで売られていましたから、株価が戻してきた昨日に少し買い増しするのはちょうど良いのかなと思いました。

これで来週からまた株価が下落し始めたら泣きたいところですが、それはそれでまたしても株を買い集めるチャンスが訪れたと思って、積極的に株を買っていきたいと思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました