【朗報】上場廃止予定のオンキヨーさん、主力事業の譲渡報道でダブルバガー達成www

投資の考え方
スポンサーリンク

オンキヨーホームエンターテインメント(6628)は4月30日、ホームAV事業の譲渡に向け、シャープ、米VOXX Internationalの2社と協議を進めることに合意したと発表した。5月20日までに詳細を決め、6月25日の株主総会で承認する予定だということだ。

オンキヨー、ホームAV事業譲渡でシャープなど2社と協議
オンキヨーホームエンターテインメントが、ホームAV事業の譲渡に向け、シャープ、米VOXX Internationalの2社と協議を進めることに合意したと発表。5月20日までに詳細を決め、6月25日の株主総会で承認する予定。

オンキヨーホームエンターテインメントは今年3月末の時点で債務超過から1年が経過し、東証の上場基準に抵触し、上場廃止となる見込みである。

【超絶悲報】"隠れ高配当株"のオンキヨーさん、債務超過で上場廃止へ・・・
3月30日3月31日うそだあああああああああ・・・・・!!!!!・・・はっ!そうだ!これは夢・・・!今日はエイプリルフールだから、みんながだまそうとしてるんだ・・・!...

元々見捨てられていた同社の株価はこの報道を受けてさらに叩き売られる結果になったわけですが、主力であるホームAV事業を譲渡するというニュースを受けて、週末の日本株市場で1日にしてダブルバガーを達成してしまいました。

上場廃止になるからと恐れずに4円で買い集めることができた狂ったギャンブラーの方であれば。かなりのボロ儲けができたでしょうが、実際に資産のほとんどを上場廃止予定のボロ株に全力ツッパできるような狂人はそう居ないだろうと思います。(仮にいても生き残り続けることは難しいでしょう)

実際、主力事業を他社に譲渡するなんていうのは一時的な資金繰りにしかならず、他に成長性のある事業を持っているわけでもない企業にとっては、マイナスイメージしかないと思うのですが、なぜ株価が上昇したのか本当にわかりかねます。

まあ、こんなボロ株にいまだに資金を投じている人たちはスリルが好きで株をゲームのように扱っているだけだと思うので、何かしらのニュースがあれば株価が反応をしてしまうというものなのでしょう。

確かに1日でダブルバガーを達成したというのは魅力的に見えるかもしれませんが、上場廃止前の株価水準でも株価が2桁はあったことを考えると、リターンの割にリスクが高すぎる投資先だと言わざるを得ないでしょう。そこまでしても一瞬ダブルバガーに到達するだけですぐにまた売り込まれることは請け合いです。

しかもオンキヨーは、以前もホームAV事業を譲渡するというニュースが話題になり、株価が上昇する場面がありましたが、結局折り合いがつかず、事業譲渡は流れてしまいました。

言い換えれば、同社のホームAV事業には、そこまでの金額を投資する価値はないと言われたようなものです。誰が最後にババを引くことになるのかわかりませんが、我々個人投資家はあまりこう言った父さんしかけのボロ株には近づかない方が賢明だと思います。

あくまで趣味の範囲でギャンブル的な投機を心がけるのであれば結構ですが、決して自らの命に関わるレベルの資金を投じるべきではないだろうと私は思います。結局最後は紙くずにしかならない株ですので、くれぐれもお気をつけください。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました