【悲報】小学校「タブレットは国からの貸与品です。6年間使ったものは回収して次の一年生が使います。」

社会・政治
スポンサーリンク

最近、小学校の教育現場でIT化がようやく進んでおり、私の甥っ子もこの前ノートパソコンをタダで支給されたそうです。とても喜んでいました。

【驚愕】最近の小学校ってすごいんだな・・・と思った理由
私には5歳年上の姉がおります。今年で結婚10年目を迎えており、上の子は今年で9歳。もうすぐ小学3年生になります。私にとっては可愛い甥っ子なのですが、その彼が先日、学校からとあるモノを持って帰ってきたそうです。それはなんと、...

小学校によっては対応が違うようで、タブレットを支給するという学校もあるみたいです。しかし、学校側からすれば、あくまで貸与する形のようで、しかも6年間使った後で再び1年生に貸与するという対応をする学校があるみたいです。

正直、「馬鹿じゃないの?」という印象を受けてしまいます。タブレットは耐用年数が『4年』と決められており、4年で使えなくなるとは言い切れませんが、6年間使った後の物がそのまま1年生にお下がりになったとしても普通に使える保証はありません。

どれだけ丁寧に扱ったとしても、6年間同じものが使えるケースは稀で、しかも小学生が扱うのですから、絶対に6年間も保つことはないだろうと思います。

小学校も時代に乗るために、取り敢えず形から入ってみた感が凄く、落として壊したり、いじめっ子に壊されたり、なんてことは始める前から想定できる話です。

しかも6年もののタブレットなんて、OSも古くなるし、通信速度も遅くなるし、何より電池が保たないので、朝までフル充電していても、午後からの授業で使おうとすればバッテリー切れとなっていたということもあり得るでしょう。

教育現場が当たり前のことに気付いていないのか。それとも文科省が現場を見ておらず、無理難題を突きつけているのか。とにかく教育現場が荒れているのは事実なようです。

【悲報】文科省「現役教師に仕事の魅力を伝えてもらおう!#教師のバトンで呟いて!」→地獄絵図と化してしまう・・・
#教師のバトン 🤝プロジェクト開始 全国の学校現場で奮闘する教師の皆さんの取組や後輩へのメッセージなどを #教師のバトン をつけて投稿することを呼びかける、新プロジェクトを開始しました!投稿を通じてこれから教師を目指す若者...

普通に考えれば、6年間同じタブレットを使うのも難しそうなのに、それをリサイクルしようとするのは、これを考えたヤツがスマホやタブレットを触ったことがないのかな?というのは明らかですよね。

義務教育は『常識』を教える現場だと思いますが、こうやって大人の目線で見ると、常識外れなことが多いですよね。子供も納得できないことが多いのは当然だと思います。

形だけ取り繕って、現実的な問題には目をつぶっているから、いつまで経っても日本の教育現場は旧態依然としたままなのではないかと思います。

このままいけば、日本はこれからも成長性が見込めないつまらない国になってしまうだろうと予測されます。

ITすらうまく使いこなせない、理解していない現状をどうにかして変えなければ、控えめに見ても日本ヤバイと言わざるを得ないでしょう。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました