【驚愕】高級ホステスさん「コロナで生活苦なので、テレアポ営業始めます」→結果・・・!

社会・政治
スポンサーリンク

コロナの影響により、経済にダメージが出始めてから、すでに1年以上が経過しています。飲食店は今でも営業時間が短縮され、お客さんもまばらだというお店もたくさんある状況です。

特にコロナ禍で大きなダメージを受けたのが「夜の街」と呼ばれる場所。水商売の世界では、急遽閉店になる店や、出勤日数を減らされ生活もままならないホスト・ホステスも少なくないと言うことだ。

そんな中、昨年まで高級クラブでホステスとして働いてきた女性がネットニュースになっていました。

高級ホステスからテレアポ営業に転職した女性 月収80万円も稼げたワケ - ライブドアニュース
コロナ禍で大きなダメージを受けた「夜の街」。急遽閉店になる店や、出勤日数を減らされ生活もままならないホスト・ホステスも少なくない。そんななか、多くの水商売関係者が昼職を希望するも金銭感覚の違いなどか

銀座のクラブでホステスとして働いてきた高橋一美さんは、コロナ禍によってホステスとしての仕事が激減し、法人向けに転職サイト「イーキャリア」「キャリオク」の求人枠を売る営業マンの仕事を開始。いわゆる昼職にもかかわらず、月収80万円を稼ぐこともあるという。

20代の頃からキャバクラなどの水商売で生計を立てていた高橋さんですが、20代前半にして月50~60万円を稼げていたと言う。当時付き合っていた彼氏の関係で全国各地を転々とするようになるが、「やっぱり夜の仕事が好きだった」ことと、自由にさせてくれる彼氏の影響もあり、行く先々で水商売で働き続けていたそうだ。

しかし、30代に差し掛かったタイミングで、運悪くコロナの影響で水商売の仕事が激減してしまう。先行きが見えないなか、高橋さんのもとに「水商売セカンドキャリアプロジェクト」の話が届いた。

これは、元関西ナンバーワンホストで現在は実業家の井上敬一氏が「今こそ夜の街に恩返しがしたい」と始めたもので、「イーキャリア」「キャリオク」と言った転職サイトの求人枠を扱う営業職として、水商売関係者たちが働くことを支援しようという取組みだそうです。

仕事内容は、一般企業にテレアポを行い、実際に訪問、あるいはリモートなどで転職サイト「キャリオク」「イーキャリア」の求人枠を売ると言うもので、報酬は“完全歩合制”だと言う。

実力が完全にモノを言う世界ですが、高橋さんはホステス時代の人脈と、ホステス時代に培ったトークの技術をフルに生かし、手取りにして1か月目で30万円、2か月目には80万円を稼ぎ出したと言うことです。

「流石に大企業の役員さんとかになると難しいと思うんですが、中小企業の社長さんや会長さんといった決裁者の方へ、ダイレクトにお話しできたので売上が立つのは早かったです。普段からお客さんとはマメに連絡をとって関係性が築けていたので、その延長で私が求人営業のお仕事を始めた話もできました。

 しばらく経って、少しコロナが落ち着いたタイミングで、お店のほうにも『高橋さんのおかげで採用決まったよ』と報告を兼ねて飲みに来てくれる方もいらっしゃいましたね」

こう語る高橋さんを見ると、”彼女だからこそ稼ぐことができた”んだろうなと感じることができました。

もし他の誰かが、テレアポってこんなに稼げるんだ!と思って真似をしても、なかなか始めて数ヶ月でここまで稼ぎ出すことは難しいでしょう。

彼女に取っては、ホステスとテレアポの”二足のわらじ”状態で、テレアポが一時凌ぎの副業なのかもしれませんが、ホステスとして実力があり、実績を残した彼女なら、昼職でも十分に成功することができたのは当然であり、今までの経験を武器に新しい稼ぎ方に真剣に取り組んだ結果が実を結んだと言えるでしょう。

最近では副業を推奨する企業も増え、サラリーマンがウーバーイーツの配達員をしている姿を街中で見かけることも増えました。

ウーバーイーツも数ヶ月前から飽和状態となったのか、報酬額が下げられるという措置が取られたので、今まで以上に稼ぎづらくなっている状態です。ですので、今から始める副業としてはあまりオススメできるものとは思えません。

あなたも今、すでに本業と思える職業があるのであれば、それに関連した仕事をプライベートで副業として取り組むことをオススメしたいです。

なぜなら、副業とは言え、すでに本業で慣れ親しんでいる業務の延長線上なら、初めての段階でもそれなりのアドバンテージがある状態から始められるし、結果的にすぐに収益に繋げられるだろうと思います。

例えばソフトの開発などに携わっているSEさんなんかは、個人でも企業から開発案件の業務委託を受けてかなりの金額を受け取っている人も多いです。

本業と副業どちらにも力を入れて収入を高めれば、貯蓄や投資に回すことができる余剰資金も増えるはず。身体を壊すような無理はダメですし、高橋さんのように大金を稼ぐには、本業でも一流にならなければ難しいかもしれませんが、本業に加えて毎月数万円〜10万円程度の収入が欲しいなというのであれば、少しずつコツコツやれば難しいハードルとは思えません。

もしも副業が可能な会社でお勤めであれば、本業を活かすことができる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました