【悲報】「電気代8万円、ぎゃー」新電力料金の高騰で阿鼻叫喚の事業者たち。

社会・政治
スポンサーリンク

「電気代が8万円になりました。ぎゃー」

昨日、ネット上でこのようなワードが話題を呼んでいました。

「電気代8万円、ぎゃー」 新電力料金、なぜ急騰【こちら編集局です】 | 中国新聞デジタル
 「電気代が8万円になりました。ぎゃー…

使用量が大きく増えたわけでもないのに、電気料金が急騰したという。2016年の電力小売り全面自由化以降、置き去りにされてきた制度設計の甘さも見えてきたと記事の中では取り上げられている。

しかし、私はこの記事に違和感を覚えました。制度設計の甘さが見えてきたというが、果たして本当だろうか?

広島市中区でカフェのハチドリ舎を経営する安彦(あびこ)恵里香さん(42)が1月下旬、会員制交流サイト(SNS)で苦境を訴えた。店の電気料金は8万円で前月の5倍。自宅の料金も約10倍に上がった。
 安彦さんは新電力のテラエナジー(京都市)と契約している。太陽光や風力など再生可能エネルギーに由来する電気に魅力を感じた。電気の市場価格に応じた電気料金の変動も理解した上での契約だった。それでも「ここまで上がるのは想定外」と衝撃を受けた。

以前にも記事にしましたが、一般的な電気契約である”従量電灯型”とは違い、市場の価格に応じて価格が変動する”市場連動型”プランを採用していたが故の出来事です。

【悲報】電力不足で1日の電気代が5千円を超えてしまう・・・
電気代、1日5000円超えるとか罠すぎる。市場連動型の電気契約はみんなしちゃいけないぞ。今月10万円コースになる。。。— ITコンサル中野 (@beermanNakano) January 11, 2021 twitt...

一般的には、市場の変動はあるものの、単価が安くなることで契約者にもメリットがあるプランでしたが、もちろん市場変動のリスクを抱えるというリスクが存在しており、昨年末からの価格上昇によって、その市場価格上昇リスクに直面してしまったということです。

これを理解しており、今までは従量課金型よりも安い電気料金を享受することができていたのに、価格が高騰した途端に、文句を言うのは正直言っておかしいんじゃないかと思う次第です。

それを分かっていて電気料金を契約していたのであれば、市場価格の変動によって価格が高騰することもリスクとして頭に入れておかなければならないのは当然ではないでしょうか。

また、当記事で取り上げられている店主の方は、太陽光や風力等の再生可能エネルギーが大好きだという意識の高さが伺えます。

広島ということもあり、『核エネルギーの廃絶』などを訴え、再生可能エネルギーによって生み出された電力だけで運営するというのは、大変素晴らしい意識だと思います。

しかし、電気代の高騰を受け、クリーンエネルギーとは真逆の石油暖房機器を活用して暖を取るところも、失笑を買っています。

結局は綺麗事だけでは生きていくことができないということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

原子力発電の是非については、私がどうこう言うことではありませんが、市場価格が高騰した時に文句を言うくらいなら、クリーンエネルギーだのなんだのに拘らず、一般的な”従量電灯型”の契約をしておけば良かったのにと思います。

我々もいろんな契約をいろんな企業と結んでいると思います。一人暮らしをしているだけでも、マンションの賃貸契約や水道やガス、電気などの契約があったり、スマホの契約だったりと、契約から逃れることはできません。

にも関わらず、契約内容をしっかりと確認せずに、あるいは甘く見積もって契約をしてしまう人のなんと多いことでしょう。

今回のような変動すると言うことを理解していて、契約したのに文句を言うのは完全な自己責任だと言えるでしょう。

新電力の契約内容に問題がある?いえいえ。そんなことがあるはずがありません。問題があるのは、制度設計の甘さではなく、契約者本人の見通しの甘さであり、本人に問題があるだけです。

お金の管理をするには最低限、自分がどんな契約をしているのかぐらいは認識しておいた方がいいでしょうね。そうでもしないと、今回のような自己責任を新しい制度のせいにしてしまうと言うことになりかねません。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました