【悲報】任天堂の求人が、またしても海外で議論を呼んでしまうwww

投資の考え方
スポンサーリンク

任天堂といえば、日経平均株価に採用されていないのが不思議なほどの日本を代表する大企業です。本社は京都にあり、オムロンやローム、京セラや日本電産など、意外と大企業が多い京都の中でもトップクラスの企業ではないでしょうか。

同社の株を1単元購入するためには、すでに680万円以上の資金が必要となっており、気軽に投資できないものの成長性は確かな企業です。

最近は単元未満投資ができるようになり、1株から投資することができる証券会社が増えましたので、あまり気にならないかもしれませんが、なかなか投資しづらい株ではありますが任天堂に投資している投資家はみんな儲かっているだろうと思います。

しかし、任天堂で働く社員たちはこの任天堂株の上昇の恩恵を受けることができているのでしょうか。答えは「No」です。任天堂の求人がまた海外で議論になっているようです。

任天堂の求人がまた海外で議論に 年収380万円からの「スプラトゥーン3」のレベルデザイナー
画像はキャプチャ 2022年に発売予定のニンテンドースイッチ「スプラトゥーン3」の求人募集が海外で注目を集めている。任天堂は2月18日、同作の制作にあたってレベルデザイナーの募集要項を公開した。 議論を呼んだのは、給与として示されている約380~810万円の是非だ。とりわけ最低額である"380万円"という金額が独り歩き...

2022年に発売予定のニンテンドースイッチ「スプラトゥーン3」の求人募集が海外で注目を集めている。任天堂は2月18日、同作の制作にあたってレベルデザイナーの募集要項を公開しました。

議論を呼んだのは、給与として示されている約380~810万円の是非だ。とりわけ最低額である”380万円”という金額が独り歩きしており、これが大手企業の人気タイトルに携わる専門職スタッフとして高いか、安いかという意見の応酬に発展している。

雇用形態はプロジェクト開発中のみの契約社員。年収は約380~810万円の幅で、経験と能力を考慮した上で、規定に則って決定する。モデルケースとしては、業務経験5年で約470万円、同10年で約550万円、同15年で約680万円と記載されている。

米国では、ゲーム業界で直接雇用されている労働者の給与(各種手当の価値を含む)は一人あたり年間1,200万円を超えるということもあり、日本のゲーム業界のトップランナーである任天堂の給与は『やりがい搾取』に当たるのではないかというわけである。

日本の平均年収は440万円前後ですので、最低ラインの380万円だと平均すら下回ることとなります。ゲームのデザイナーというのはゲーム開発の根幹に関わる業務なのに、流石に安すぎるようにも感じてしまいます。

しかし、勤務先が京都であるということを考えれば、年収380万円でも”妥当”だとする声もあり、生活するのに最低限の保証はされた収入レンジであることが伺えます。

どちらにせよ、日本で働く限り労働者はやりがい搾取とみなされてもおかしくない程度の収入で働かされることになります。経験者であっても、5年間の経験で470万円というのはやはりゲームのデザイナーという職業全体が低賃金の証なのではないかと私は思います。

対して、やはり株式市場に投資をし続けた投資家たちは大きな恩恵を受けているのである。

先ほどの任天堂のチャートを再びご覧ください。コロナショックで株式市場全体がマイナスとなった時期には任天堂の株価も3万2千円台まで下落しました。

しかし、この底値で1単元分の任天堂株を買った投資家は、1年も経たずに株式投資のキャピタルゲインだけで350万円ほどの含み益を得ることができました。これは果敢にリスクを取って投資した投資家たちへのご褒美であり、自らが働くのではなく、お金に働いてもらうことで得た、不労所得のようなものなのです。

デザイナーが年収380万円で投資家たちの未来の利益のためにゲームのデザインを作ってくれている裏で、投資家はどんどん資産を拡大させているのです。

あなたは、これを”不平等”だと感じますか?もし”不平等”だと感じるのであれば、もう一度小学校の政治・経済から勉強し直した方が良いかもしれませんね。

【悲報】とある情報番組の画像が投資家界隈でバズり中…
妬みw pic.twitter.com/vQ9kvCD0kO— ぽちゃかん (@potyakan0607) February 23, 2021 これは草株価上がってる時に「儲けるのズルい!株の税金上げろ!」って言うなら...

これぞまさに資本主義の形です。年収が低いのは、それでも求人を出せば仕事を求めているデザイナーが集まってくるからです。年収が低いのは、日本の生活水準が『その程度』だということです。つまり、その程度の収入でも暮らしていけるのだから、それ以上のコストをかける必要がないということなのです。

こういうニュースを見ていると、労働者として会社で働いているだけというのがいかに愚かな選択肢だということがお分かりいただけるでしょうか。労働者として会社で働くのは結構ですが、その収入の一部を取っておいて、投資に回すことで、お金持ちを目指すというのがサラリーマン流のお金持ちの目指し方なのだと私は確信しています。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました