【激怒】NHKの”契約逃れ”に割増金が科される法改正をNHKが報道せず。価値のないメディアに払うお金はない!

社会・政治
スポンサーリンク

政府は26日、テレビを設置しているにもかかわらずNHKに受信料を支払っていない世帯から割増金を徴収できる制度の導入を柱とした放送法改正案を閣議決定しました。

NHK、契約逃れに割増金 放送法改正案を閣議決定 - ライブドアニュース
政府は26日、NHK受信料の未払い問題に関する放送法改正案を閣議決定した。TVを設置している未払いの世帯から、割増金を徴収できる制度の導入が柱。また、受信料引き下げの原資を確保するための積立金制度の創設も盛り込んだ

今回の法改正により、NHKは、テレビを設置しながらも正当な理由なしに契約に応じず受信料を支払っていない世帯から、未収分を含め割増金を徴収できるようになるということで、非常に胸糞悪い法律が閣議決定されたなと感じました。

そもそも契約というのは双方の同意があってなされるべきものであり、NHKのこのやり方はヤクザまがいと言っても過言ではないと思います。

それでも私は、正当にNHK受信料を支払っていましたが、先日、腹が立ってきたのでテレビを手放し、NHK受信料を解約することにしました。

【朗報】管理人Yuki、NHKを解約しました。
私Yukiは、ほとんどテレビを見ておらず、話題になった番組はネットで後から視聴するということが多いです。また、最近ではNHKを見ることもほとんどなくなりました。(元々ほとんど見てませんでしたが)ということで、昨年末頃から、本格的に...

テレビがない生活も、別に困るようなことはなく、正直言って余計なことに時間を取られないので時間効率がとても良くなったように感じます。NHKの受信料には全く正当性がなく、無駄に割高だと感じますので、これ以上徴収されるのは勘弁して欲しかったというのが正直な感想です。

何より、NHKが公共放送としての役割をこなしていないということが良くわかるのが、始めに貼り付けたtwitterの画像です。NHKの受信料未納の世帯には割増金を徴収できるようにしたという報道が、当のNHKで放送されなかったというのが話題となっています。

国民に対する公正な公共放送だというのであれば、国家の重要な方針である閣議決定は全て速報で報道すべきではないだろうかと私は思います。

それを放送しなかったのは、どういう意図があるのか分かりませんが、自分たちの立場に都合が悪いからと見るのが妥当ではないでしょうか。

何が公共放送だというのでしょうか。そもそも『契約するか否か』を選択する自由すら与えられてないのに、『契約してなかったから割増金』というのは理不尽であり、NHKの手から逃れるためにはテレビを手放すという選択肢しか無いというのは問題ですよね。

しかもNHKの職員の給与は他の民放各社と比較しても割高で、高給取りであることは有名な話です。平均年収1,000万円を超えるNHKの職員の給与は、国民からヤクザまがいの一方的な契約でむしり取った受信料から成り立っているのです。

ここまできたら、本当に契約したくないからテレビを手放すという世帯が増えてもおかしくないと思います。まだ日本では国内メーカーのテレビを愛用している世帯も多いはずですが、日本のメーカーをさらに衰退させる可能性がある閣議決定がなされたというのです。

これはもしかしたら、次の総選挙ではNHK党への投票もありなんじゃないかと、冗談のようなことを感じざるを得ないですよね。

NHKの電波が公共インフラだと主張するのであれば、他のインフラ、例えば水道やガス、電気と同様、支払わなければNHKを見れなくするというのでいいんじゃないでしょうか。

『契約』の定義を覆してくるNHKのやり口は、テレビを持っていないとは言え、非常に腹立たしく、また公共放送としての使命も果たしていないNHKに無駄なお金を支払い続けるのは無駄遣いの筆頭だと思います。

今の時代、本当にテレビなんてなくても生きていけますし、面白そうな番組があれば、ネットで後から見ることだってできると思います。ミニマリストほどお金が貯まりやすいというデータもありますし、テレビが必要なのか?ということを一度考えてみるのも良いかもしれません。

NHKのような横暴な押し売りが正当だという判断をどうにかして覆して欲しいものだと願うばかりです。

NHKをスクランブル化すれば、テレビを保有して、NHKとは契約せずに民放番組だけを楽しむという若者も増えるかもしれないです。そうすれば、インターネットに押されがちな広告もテレビ産業に戻ってくるかもしれません。

まあ、どっちでも私は全く困らないので良いのですが、日本のテレビというメディアを衰退させているのは、NHKの横暴さも一因だということをNHKが一番理解すべきではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました