【悲報】投資初心者が投資信託で失敗してしまった理由とは…?

投資の考え方
スポンサーリンク

私は当ブログを通じて、素人が投資を続けるのであれば、『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』と言ったS&P500指数に連動する投資信託や『楽天・全米株式インデックス・ファンド』と言った全米株式に連動する投資信託への積立投資をオススメしています。

個別株はロマンがありますが、投資にそれほどの情熱を注げる人でもない限りは、優良な投資信託やETFへの積立投資が最も効果的な資産運用方法だと考えています。

しかし、投資に興味を持って調べ始めた人なら「投資信託は初心者向き」といった内容を間に受けて投資をしたばかりに損失を出してしまったと言うケースがないわけではありません。今回は『TRILL』に記載されていたとある事例を元に、投資初心者が投資信託で失敗をしてしまった経緯を見てみたいと思います。

投資初心者に人気の「投資信託」で大損!失敗の理由 | TRILL【トリル】
投資に興味を持って調べ始めた人なら「投資信託は初心者向き」といった内容を目にしたことがあるかもしれません。確かに株式投資などよりも始めやすく、リスクを抑えやすい傾向はあります。だからといって絶対に失敗

親族からの相続で、思いがけず現金3,000万円を得たNさんは、相続手続きをした銀行の担当者から、資産運用を勧められたとのこと。今まで興味がなかったと言うNさんですが、「投資信託なら初心者でも取り組みやすい。自身の老後に備えられる」といった話を何度か聞いているうちに「せっかく大金が手元に入ったのに、寝かしておくのはもったいない」と納得し、挑戦してみることにしました。

担当者と相談して、なんとなくよさそうな投資信託を選び、相続した資産のうち2,500万円を投入。当初は毎月受け取れる分配金が嬉しく「投資を始めてよかった」と思っていましたが、投資開始から数年後、保有していた銘柄の価格が暴落してしまいます。

あとから振り返るとこれは一時的な下落に過ぎなかったのですが、投資信託はプロに運用を任せられると聞いていたため、リスクが低いと思っていたNさんはうろたえました。毎日下がっていく価格を見て怖くなり、購入時点より大幅に下がった価格で投資信託を売却、損が確定することになります。

この事例の中では、投資初心者が陥りがちな、投資で失敗する理由が5つほど隠れています。1つずつ、何が悪かったのか見てみましょう。

スポンサーリンク

なんとなくよさそうな投資信託を選んでみた

担当者と相談してなんとなくで投資信託を買ったと言うことですが、これは初心者にありがちなミスパターンの1つだと思います。銀行の担当者がオススメしてくる投資信託は、基本的には手数料が稼げる、銀行側が儲かる商品が多いです。銀行の営業マンも馬鹿ではありませんから、顧客の利益よりも、自分たちの利益を優先するのが普通だと言えるでしょう。オススメされるがままに投資するのはあまり良い選択だとは言えず、きちんと商品を吟味して、手数料や信託報酬が安くて、リターンが期待できるインデックスファンドを中心に投資すべきでしょう。

2,500万円を一気に投資する

Nさんは投資に今まで興味がなかった投資初心者ということですから、投資に関する知識は全くなく、またリスク許容度もそれほど高い方ではないと容易に想像ができます。

そんな素人のNさんが、相続した金額3,000万円のうち、2,500万円も一気に投資をするのは、明らかにリスク許容度を超えた投資だと言わざるを得ません。

後にも出てきますが、結果として、一時的な下落に耐えきれず、損失を確定させてしまったというのは、本人の許容できる範囲の損失を超えてしまっていたからなのだと私は感じます。初めて投資を始めたときは、自分がいくらくらいの損失、リスク資産の保有を許容できるのかをしっかりと考えた上で、少しずつ分散して投資をしていくのがベストだと言えるでしょう。

“毎月分配型”の投資信託を選んでしまった

投資信託の中には、”毎月分配型”と呼ばれる投資信託があります。これは、その名の通り、毎月分配金、つまり配当金のようなものが投資家に支払われるため、一見すると大変お得なように感じます。

しかし、よく考えればわかることなのですが、その分配金の元はいったいどこから来てるのでしょうか。毎月分配するために、ずっと右肩上がりに成長してくれれば幸いですが、株式市場には調整もあるので、そういうわけにもいきません。

毎月分配型の投資信託は、毎月分配金を支払うために、投資元本や、投資で得たリターンを取り崩して分配しているので、長期投資を考える場合は、毎月分配してるという事実がそもそもリターンを引き下げる要因となっているのであるということを理解しておくべきでしょう。

投資信託はプロに運用を任せられると聞いていたため、リスクが低い

これはNさんの勘違いですが、そもそも銀行員は投資のプロではありませんし、投資信託を運営しているファンドのマネージャーも、大口投資家でありますが、投資のプロかと言われるとどうか分かりません。もちろん投資の世界にプロのライセンスのようなものがハッキリとあるわけではありませんが、仮に投資のプロに投資をお願いしたとしても、リスクが下がるとは限りません。

もちろん、長期間市場をアウトパフォームするリターンを上げ続けることができるファンドマネージャーを見つけることができればリスクは下がるのかもしれませんが、良い年もあれば悪い年もあり、投資信託だからリスクが低く安心だというのは間違った認識であると言わざるを得ないでしょう。

購入時点より大幅に下がった価格で投資信託を売却

投資信託のように長期投資を前提としている場合は、購入時よりも価格が下がった時点こそ、本来であれば買い増しのチャンスだと言えるでしょう。投資信託を手放すタイミングではありません。

仮に毎月分配型のような粗悪な投資信託を買ってしまったのあれば、上昇していようが下落していようが、それ以前にさっさと投資信託を売却して正しい成長を遂げる投資信託に資金を移すのが正しかったのだろうと思います。

まとめ

Nさんは、短い文章の中で5つもの失敗点をさらけ出してくれていますが、どれも投資初心者にはあるあるな投資の失敗だと言えるのではないでしょうか。投資の基本は『自己責任』です。営業の人の言うとおりにお金を動かすだけでできるほど甘いものではない、と肝に銘じておきましょう。

そして、投資信託へ投資するのあれば、どの投資信託を買い付けするのか?という選択肢からすでに投資は始まっているのだということを認識してください。銘柄選びを間違えることさえなければ、あなたが投資で大損をするなんてことは防げるのではないだろうかと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました