【考察】お金持ちから学ぶ、3つの資産運用の秘訣とは。

投資の考え方
スポンサーリンク

お金持ちとはどういう人のことを言うのでしょうか?言葉のままで考えると『お金を持っている人』ということになりますよね。しかし私が思うに、お金持ちの定義とは、『お金に困らない生活ができている人』なのかなと思います。

本物のお金持ちほど、現金を持っておらず、資産を持っている人が多いです。お金持ちが資産を持つためには、稼いだお金の一部を資産に投じることが大切だと思います。

日本にお金持ちが少ないのは、資産運用を幼少期から学んでおらず、今でも貯金がベスト、株式投資で儲けている人は悪だと勘違いしてしまっているからなのだと思います。

今回は、マイナビニュースに掲載されていた、お金持ちが知っている3つの資産運用の秘訣をご紹介したいと思います。

ページが見つかりません
スポンサーリンク

秘訣1:プラス・サム・ゲームに参加する

昨年の年末ごろから、ありとあらゆる金融商品の価格が高騰し、寝ていてもお金を稼げると言うイージーモードに突入しておりました。特にビットコインをはじめとした仮想通貨は他のアセットよりも価値が高騰し、猫も杓子もビットコインと言っているような状況が続いておりました。

しかし、イーロン・マスク氏やビル・ゲイツ氏ら、世界トップクラスの大富豪がビットコインの高値にコメントすると、一時大きく調整する場面が見られました。

最近は通貨や投資商品として大手企業も参入が相次いでいる仮想通貨ですが、通貨という名前からもわかるように、基本的には、仮想通貨は他の通貨、例えばFXなどの外貨取引などと同様、基本的には「ゼロ・サム・ゲーム」です。ちなみにゼロ・サム・ゲームとは、「全体で見て損益がゼロになるゲーム」のことを指します。

通貨を持っていても経済活動は起こりえないと言うのは我々日本人が一番よく理解しているはずです。我々日本人がお金持ちになれないのは、貯金をしているだけで投資をしてこなかった人が大半だからなのです。

相場のズレを利用して短期的に資産を拡大させたいと言う人であれば、十分にチャンスがあると言えるでしょうが、確実に資産を増やしたいという方には、不向きと言えるでしょう。

上手に資産を運用している人は、ゼロ・サム・ゲームよりも、「プラス・サム・ゲーム」を好みます。プラス・サム・ゲームとは、「全体で見て損益がプラスになるゲーム」のことです。つまり、「全員で利益を出す!」ことも可能なゲームです。

例えば、NYダウは増減を繰り返しながらも、現時点で3万ドルをキープし続けており、NYダウの歴史の中で、今が一番NYダウが高い状態であると言えるでしょう。

大きな調整が来る可能性を否定できるわけではありませんが、調整と上昇を繰り返しながら高値を切り上げていくことができるNYダウはまさに『プラス・サム・ゲーム』の代表格。長年投資し続けてきた人々は、全員プラスリターンを得ることができていると言って間違いないでしょう。

あまりお金がなく、資産を短期間で倍にしたり、10倍にしたいと言うような人々にとっては、ゼロ・サム・ゲームの投機は良いのかもしれませんが、時間をかけて着実に資産を築いていきたいと言うタイプの人にとっては、プラス・サム・ゲームに乗っかることをオススメしたいと思います。

秘訣2:「売り買いする」よりも「持ち続ける」

時間をかけて資産運用することを容認できる方にとっては、資産運用は「売り買いする」というイメージよりも、「持ち続ける」イメージを持ったほうがうまくいきます。野村証券のリサーチによる地、株式投資で最もリターンが高かったのは、”亡くなった人”だと言うことが判明しました。亡くなった人は短期的な株式市場の上下で売り買いすることがないので、リターンが良かったと言うわけなのです。

「資産運用=デイトレード」といった勘違いをなさっている方も少なくありません。しかし、経済学者らの研究によれば、デイトレードは平均的に見れば利益につながりにくい運用法です。だから、よほどの実力者でもない限りは、近寄らないほうが賢明です。

お金持ちによれば、資産運用はコツコツと資産を買い増しして、そのまま放置しておくのがベストだと言うことがよく分かります。

秘訣3:資産配分でパフォーマンスの8割~9割が決まる

資産運用をしているとは言え、最も重要なのは、何にどのくらい投資しているのか?と言う資産配分です。Financial Analysts Journalに掲載された論文によれば、「資産配分でパフォーマンスの8割~9割が決まる!」のだそうです。

資産運用という名目で、ノーリスクの債券ばかり持っていても、よほどの多額を投じない限りはリターンは微々たるものでしょうし、そもそも預金だってほぼノーリスク・ノーリターンの資産運用だと言えるのですから、預金100%というのも立派な”儲からない”資産配分だと言えるのです。

どの資産にどれくらい投じるのか?というのは、人の得手不得手にもよるかと思いますが、基本的には株式や不動産と言った収益性の出る資産に可能な限り突っ込んだ方が得られるリターンは高くなるでしょう。

ただ、リターンが高くなる一方でリスクも高くなるので、資産配分をしっかりと考えるべきだというわけです。

また、資産運用で得られるお金は、よほどのお金持ちでない限りは「おまけ」くらいのものです。ですから、資産運用のことを考える以上に、「支出の見直し」や「収入の見直し」といった、家計を見直すことのほうが効果があるということです。

まとめ

お金持ちから学ぶ3つの秘訣というタイトルではありますが、非常に地味な内容とも捉えられるでしょう。しかし、逆に言えば誰でもわかるような地味なことの積み重ねこそがお金持ちになるための秘訣なのだと考えると、あなたでもできそうですよね?

歴史上、最も株価が高くなっている今のタイミングから投資を始めるのは、考えようによっては難しいかもしれません。しかし、今はこの株価が高すぎると感じても、20年後、30年後には今の株価なんて誤差の範囲内だと感じる時が来るかもしれません。

それを考えれば、投資を始めるべきタイミングは常に”今”なのだということがお分かりいただけるでしょうか。

お金持ちになりたいと言うのであればお金持ちから学ぶよりほかないのではないでしょうか。お金持ちの資産運用を真似てみることから、資産運用の第一歩を踏み出してみませんか?

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました