【衝撃】ネット民「せや!不人気の商品を大人気って騒いで転売ヤー騙したろww」→結果www

マネー論
スポンサーリンク

最近、株式市場だけではなく、様々な金融商品が高騰し続けており、バブルなのかもしれないという様相を見せております。株式市場で言えば、少し出遅れていたバリュー株も見直されてきており、株価が回復し始めています。誰でも簡単に儲かる株式市場という感じがあり、気持ち悪いなという印象を持たざるを得ません。

しかし、それは株式市場だけではないようです。私もかつてはプレイしていたカードゲーム 『マジック・ザ・ギャザリング』の中でも不遇と言われている人気のないパック『ドラゴンの迷路』が、今月21日にtwitterにツイートされた内容をきっかけに価格が高騰しているという。

定価は1パック350円程度で販売されているカードパックなのですが、人気があるカードが封入されているパックの方が高くなり、逆に不人気のパックは安くなるのは需要と供給の関係から当然あり得ることです。このドラゴンの迷宮というパックも、一時期は定価の半額以下である1パック150円で投げ売りされていたことがあるぐらいですから、カードゲームが分からない人でも不人気ぶりがよくわかるだろうと思います。

しかし、そんな不人気のパックがたくさん入ったBOXという商品が、このツイートをきっかけに急上昇しているということだ。定価7,140円のBOXが13,860円で売られており、それも在庫があと1点となるというお祭り騒ぎの状態だ。

もちろん、重要な買い手であるカードゲームのプレイヤー自身は、このパックが買う価値のないものだと理解しているので、高値で転売ヤーが買い占めている今の状態で買う人などおらず、おそらくすぐに相場は冷え込み、慌てて買い集めた転売ヤー達は大量の在庫を抱えるか、大赤字で市場に流すより他ないでしょう。

転売という行為自体は私自身、否定はしませんが、転売ヤーと呼ばれる人たちは正直あまり気に入らない人種ですので、こういう”釣り”行為に引っかかって大損するのは、『ざまぁみろ』と思う面もあるのですが、どうしてこんな初歩的な騙し行為に引っかかってしまったのでしょうか。

おそらく、転売ヤーは特に商品に思い入れはないので、ネット上で自動でキーワード検索をして、引っかかった商品をかたっぱしから安い間に買い占めているのだろうと思います。その結果、こんな初歩的な騙しすら見抜けなくなってしまうのです。

これは株式市場にもつながるお話かもしれませんが、「自分が何を買っているのか理解している」ことは大変重要な要素だと思います。転売ヤー達は本当の価値を知らないからこそ、価値がなくても買い占めてしまい、結果的に価格が高騰してしまうという馬鹿げた市場を作り出してしまったのです。

転売と言えども、売れてナンボの世界だと思います。商売の基本ですから、買値よりも高い値段で売れなければ意味がありません。転売ヤーは転売のことばかり考えた結果、価値のないものを定価以上の値段でつかまされるという結果に繋がってしまったのですから、これは転売ヤーたちのリサーチ不足と言わざるを得ませんよね。

もちろん、転売する商品は色々あるでしょうから、一概には言えませんが、カードゲームでせどりをしたいのであれば、最低限、そのカードゲームの価格動向くらいは追っておくべきだったのではないでしょうか。

ちょっとスッキリする話ではありましたが、我々株式投資家も、twitterの噂や市場の熱狂に乗じて、何を買っているのか分からないというような銘柄を高値掴みして損をしないように気をつけていただきたいものだと思った次第です。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました