【正論】日本人がお金がないのは『預貯金のリスクを知らない』からだ。

投資実績
スポンサーリンク

幻冬舎ゴールドオンラインにて、興味深い記事を発見しました。

だからお金がない…「預貯金のリスクを知らない」残念な日本人 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
いま、自分の老後生活が気にならない日本人はいないでしょう。多くの日本人にとって、資産を形成する方法は「預金」です。働けるうちに多くを稼いでコツコツと貯蓄をしようと考えている人がほとんどでしょう。「過労死」という言葉がそのまま世界に輸出されてしまったほど、日本人は異常な働き者です。しかしその割には「お金持ち」が少ないのは...

タイトルは『「預貯金のリスクを知らない」残念な日本人』というもの。多くの日本人が盲信する「安全で確実な資産形成」として支持されているのが『預金』です。

お金を貯めるだけの銀行口座を作成して、収入の一部を銀行に寝かしているという人も少なくはないでしょう。日本銀行が2020年8月21日に公表した「資金循環の日米欧比較」によると、日本の家計金融資産構成比率は、「現金・預金」が54.2%と、アメリカの13.7%、ユーロエリアの34.9%を大きく上回っているということです。日本人の個人資産は1,800兆円を超えていると言いますが、現金・預金だけで1,000兆円を超える資産が眠っているということです。

基本的に普通預金、定期預金などは1000万円+利子まで元本が保証され、ノーリスクの資産であることが日本人にウケている理由となります。リスクていくすることを心から嫌う日本人が預貯金を貯め込んでいるということです。

しかし、当然ですが、デメリットがまったくないということはありません。何より金利が低すぎるため、のメガバンクの定期預金金利でも年利0.002%前後、ネット銀行でも0.1〜0.2%というのが一般的です。

バブル崩壊以降、デフレが続いていたことが原因で、最近の日本人は忘れがちですが、日本でもかつては適切なインフレが進んでおりました。過去70年という長期スパンで見ると、インフレの凄まじさはよくわかります。1950年の消費者物価指数を1とすると、2020年は8.39です。70年間でお金の価値は8分の1以下になっているのです。

今も目標は達成できていませんが、緩やかなインフレを発生させることが健全な経済の形であり、預貯金の価値が目減りしていくというのが一般的な経済の流れとなります。

そういう預金頼りの人々がお金持ちになれないのは当然と言えば当然です。資本主義ではリスクを取ればお金持ちになれる可能性が高まりますが、リスクを負わなければ貧しくなっていくようなシステムになっているのです。

日本人は特に、株式の保有率は12.6%、投資信託の保有率は9.2%とリスク資産を保有している割合が低く、まだまだ割合としては低いです。

元記事にあるように、日本円がデフォルトを起こす可能性は相当低いかと思いますが、それでも全くのゼロという訳ではありません。預金がノーリスクと言うのは全くの間違いなのです。

日本人がお金持ちになるためには、やはり投資を通じてお金を増やすと言う行動を起こすより他ないのだと思います。NYダウは3万ドル、日経平均株価も3万円を大きく超えたというのに、多くの日本人が資産を増加させることができていません。

【悲報】同僚「Yukiさん、日経平均3万円超えたじゃないですか〜」
今日もいつも通りお家でテレワークをしています。先日、決算発表も終わりましたので、しばらくはヒマな時期です。ただ、私はここ半年ほどシステムの改修と導入という別のプロジェクトのメンバーに入っているので、それなりに忙しくしています。そんな時にも...

多くの人たちは投資することを勧めてもなかなか実行に移しません。しかも、株価が高くなってから興味を持ち出して、実際に投資するのは危険な高い水準になってからだというのですから笑い話にもなりません。

多くの日本人に知ってほしいのは、預貯金にもかなりのリスクが伴うということです。さらに言えば、リスクを伴う上にリターンがほとんどないので損する可能性が高いのが預貯金という選択肢です。それを考えれば、なぜ多くの人々が投資をしないのか?というのが疑問でなりません。

投資することで資産を増やしていくことでしか、庶民はお金持ちになる選択肢がないと言えるでしょう。むしろ庶民が投資をすることができるようになったのはここ最近の出来事ですから、我々は今の時代に感謝しなければなりません。

投資する、しない、というのは個人の考え方次第だと思いますが、預金は安全という勘違いを今すぐに捨てて、預貯金に潜むリスクの高さを認識しておいた方が良いだろうと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました