【悲報】退職金の2,200万円をたった4年で使い果たした老夫婦の後悔。

マネー論
スポンサーリンク

『年金2,000万円不足問題』が公表されてから、若年層を中心に投資ブームが起き、最近の株価の好調さも相まって、着実に資産を増やしている人々が大勢いらっしゃるなと感じています。

それもこれも、将来安定した生活のための資産運用だと思います。最近では、普通にサラリーマンを勤め上げ、多額の退職金が貰えますというような企業はなかなか珍しくなってきたのではないかと思います。

しかし、現在の50代・60代の方であれば、退職金を受け取って”勝ち逃げ”することも可能だと思いますが、例え多額の退職金を受け取ることができても決してバラ色の老後が待っているという訳ではないことが明らかとなりました。

退職金の使い道で後悔!2200万円を4年で使い果たす
「もらった退職金を65歳になる前に使い果たした人をテレビで見たときに、この夫婦ってバカじゃないのと思ってたんです。でも、まさか我が家が同じだったなんてね。もう、恥ずかしいやら、情けないやら。退職金がこ…

「もらった退職金を65歳になる前に使い果たした人をテレビで見たときに、この夫婦ってバカじゃないのと思ってたんです。でも、まさか我が家が同じだったなんてね。もう、恥ずかしいやら、情けないやら。退職金がこんなに減っちゃっているのに、なんで今まで気が付かなかったんだろうと、そればっかり。悔やんでも悔やみきれません。そんなに使ったつもりはなかったんですよ」

現在60歳のA子さんは、64歳の旦那さんと2人暮らし。まさか自分たちが退職金を使い果たしてしまうとは夢にも思っていなかったようです。

夫は現在、働いてきた会社で再雇用として働いており、子どもは二人。二人ともすでに社会人だということ。4年前に60歳の時に支給された夫の退職金は2,200万円だったものの、現在の貯蓄残高は900万円。この4年間で貯蓄していた500万円と、退職金のうち1,300万円の計1,800万円を使い込んでしまったようです。

もちろん、ただボーッと生活していて1,800万円を使い果たすなんてことはなく、住宅や教育といったローンの残債の返済に半分の900万円を使ったようですが、残りの900万円は、100万円程度は贅沢に使ったようだが、800万円は『普段の生活費』に使ってしまったということです。

退職金からの取り崩しで4年間で800万円の生活費を使ったということは、年間200万円を取り崩したということです。再雇用の夫は現在も年収400万円ほどの収入があるので、毎年200万円の取り崩しはちょっと使いすぎと言えるのではないでしょうか?

60代のご夫婦が二人で生活していくのであれば、年収400万円ほどあれば十分なはずですが、今のままでは大赤字のまま、本当の老後生活に突入してしまいそうです。

その大赤字の主な原因は、現役時代と同じような生活水準を続けてしまっていることだとA子さんも理解しています。

「夫は現役時代と同じように、毎週土曜日には友達とゴルフに出かけて、その費用が生活スタイルに合っていないんです」

このようにA子さんが語るように、週一のゴルフと交通費にかかる費用がかなりの負担になっているようです。

そもそもA子さんは、現役時代から毎月の赤字をボーナスで補填するという、ダメな資金管理を続けていたことが原因で、退職金がここまで溶けてしまうまで深刻に捉えることができていなかったようです。”お金を引き出す時に残高を確認しなかった”と言っているように、かなりマズい家計管理の典型的なタイプだと言えるでしょう。

人生100年時代とも言われる今の時代、2,200万円の退職金も100歳までの40年間で使うと考えると、年間55万円、月換算では4.5万円程度しか使えない計算になります。

もちろん退職金だけで生活することはできませんので、退職金は単なる生活費の足し程度に考えるのがベストと言えるでしょう。このまま年間200万円程度の取り崩しを続けていると、単純計算であと4年半ほどで退職金が底をつくことになります。

サラリーマンの場合、年収のピークは50代くらいに設定されることが多いです。60代になれば再雇用で働くことができたとしても年収はガクッと下がる傾向にあります。

ですが、こうして60代に入ってから資金繰りに困窮するご夫婦の場合、大抵は年収が高かった50代頃の生活水準を今も続けてしまっているというのが問題なのです。

50代頃と言えば、会社の中でもそれなりの立場になり、趣味のゴルフを「仕事だから」と言って週末には出かけるような生活をしていたのでしょう。体を動かす運動習慣があることは大変健康的で素晴らしいことですが、それが故に、元気に長生きするという”リスク”も高まり、老後資金は平均寿命を超えて必要になってくる可能性が高まります。

彼らが今から自分たちの家計を見直す習慣を身につけるのは大変な労力を要しますが、毎月の収入から、できる限り余剰資金を生み出せるように予算を立てて、その予算を守ることが必要です。

60代になってからお金に困るという人は大抵、現役時代から家計管理の見通しが甘いと言えます。昨今は人生が長くなっていることから、60代と言ってもそれ以降の人生もかなり長い期間が残っていると見なすのが一般的です。

その段階になってから、ライフプランを見直すというのは非常に難しいことです。60年間身について無駄遣いの習慣をたった2、3年で変えることはできないものなのです。

だからこそ、現役時代の今から普段の家計管理を設定し、きちんと収入の範囲内で生活できる習慣をつけておかなければ、厳しい老後を迎えることになるでしょう。

もしあなたがゆとりある老後を送りたいと思うのであれば、現役時代の今から余剰資金を生み出すように家計管理をしっかりと行い、その余剰資金を活用して、資産運用を継続し、30年後、40年後の未来に備える生活を心がけることが必須と言えるでしょう。

何でもかんでも我慢するのではなく、自分が本当にお金をかけたいと思うことにだけお金をかけることで、無理せずに余剰資金を生み出すことができると言えるでしょう。

A子さんご夫婦のように実際に60代に入ってから後悔しないためにも、今すぐにでも全ての人たちが資金管理を見直すことを期待します。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました