【考察】お金持ちはブラックカードを持っているのか?

マネー論
スポンサーリンク

あなたはお金持ちと言えば何をイメージするでしょうか?高級車に腕時計、素材の良いスーツを着ている人でしょうか。もしくはそんな高級品を買うときに財布から取り出すお金持ちの”証”こそが憧れだという人もいるかもしれません。

お財布からサッと取り出して、何でも買えてしまうと噂される”ブラックカード”。年会費は軽く10万円を超え、通常のクレジットカードと違って限度額も無いと言われています。

しかし、そんなクレジットカードの頂点であるブラックカード、本当のお金持ちは持っているのでしょうか。しかし、本当のお金持ちほどブラックカードを持っている人は少ないことが多いということです。

お金持ちは本当にブラックカードを持っているのか? (2021年2月20日) - エキサイトニュース
ブラックカードは皆無、プラチナを持っている人もごく少数お金持ちはすごいカードを持っているという印象があるかもしれません。確かにそういう人もいるでしょうし、テレビなどでも、セレブ感満載の人がブラックカー...

ブラックカードだけでなく、プラチナカードもあまり保有している人はおらず、大抵はゴールドカード程度が多いと言われています。私自身もブラックカードは見たことがなく、プラチナカードは以前勤めていた会社では、コーポレートカードがアメックスのプラチナカードでしたので目にしたことはありますが、個人でプラチナカードを保有している人はあまり拝見したことがありません。

ゴールドカードは最近は年会費無料のゴールドカードもありますから目にすることはありますよね。私自身も年会費無料のゴールドカードを保有していますが年会費を支払ってまでゴールドカードを持つようなことはしていません。

上級カードを持っていることで受けられるサービスは確かに高級で素晴らしく、お得なものも多いのかもしれません。しかし、大抵の場合は年会費をペイするほどのサービスはなく、またあったとしてもそこまでブラックカードを使いこなすことができる人はほとんど稀だと思います。

お金持ちほどお金の使い方、支出のコントロールが上手な人が多いです。自分にとって必要な出費なのか、不要な出費なのかをしっかり判断できるからこそ、お金持ちはお金持ちになることができたのだと考えています。

【考察】お金持ちになる人の生活習慣3選。
当ブログを訪れてくださる方々は、基本的にはお金持ちになりたい!と考える人が多いのかなと思います。お金や投資についてのブログを更新し続けているので、必然的に投資やお金持ちを目指したいと言う若年層の人々に訪問してくださっているようです。...

世界でも有数のお金持ちたちは実はブラックカードなどは持っておらず、普通のクレジットカードを利用していると言われています。マイクロソフト(MSFT)の創業者であるビル・ゲイツ氏や、投資の神様、ウォーレン・バフェット氏はアメックスカードのグリーンカードという一般カードを愛用していると言われています。

もちろん、彼らにはアメックスからブラックカードのインビテーションが届いているようですが、そういうインビテーションは捨てているとアメックスの株主であるバフェット氏は語っています。

ブラックカードのような上級カードには専用コンシェルジュサービスがあり、世界中から欲しいものを取り寄せてくれたり、予約困難なレストランや満室のホテルでも無理やり取ってくれたりします。飛行機も空いていればファーストクラスにアップグレード、提携ホテルでもスイートに自動アップデートします。各種保険なども分厚く、いろいろな特典が付帯しています。

しかし、そんな浪費をすることをビル・ゲイツ氏もウォーレン・バフェット氏も望んでいません。ビル・ゲイツ氏に至っては、自分のためにファーストクラスの飛行機のチケットを取った自社の社員に無駄遣いをするなと叱責したエピソードも有名ですよね。

お金持ちほど不要な出費には敏感ですので、不要な出費の最たるものである利用しないサービスの年会費は真っ先にカットするべき対象となるのでしょう。

もし、あなたの周りにブラックカードを利用しているお金持ちがいるとすれば、もしかしたらその方はラッキーでお金持ちになっただけの成金なのかもしれないですよ。もしかしたら数年後にはお金持ちではなくなっているかもしれません。

お金持ちですら無駄遣いをしているわけでは無いのですから、我々庶民こそ、出費をしっかりと分別して、無駄を省いていく努力が必要なのではないでしょうか。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました