【考察】お金持ちになる人の生活習慣3選。

投資の考え方
スポンサーリンク

当ブログを訪れてくださる方々は、基本的にはお金持ちになりたい!と考える人が多いのかなと思います。お金や投資についてのブログを更新し続けているので、必然的に投資やお金持ちを目指したいと言う若年層の人々に訪問してくださっているようです。

しかし、お金持ちになりたいのであれば、お金持ちから学ぶことがベストだと思います。マイナビニュースに載っていた記事に、興味深いものを見つけました。

ページが見つかりません

投資だけでなく、起業などで一代で大きな資産を築かれた人も多いです。皆さん、そこに至る歴史はそれぞれですが、物事の考え方やおっしゃることには、いくつかの共通点があると言うことです。お金持ちになるなら、高収入であることは条件としてはプラスかと思いますが、それだけでは絶対にお金持ちになれるとは言えません。多くの人は収入が上がればそれにともなって支出も増えてしまい、結局、資産は増やせないからです。

高収入をきちんと資産形成につなげることができる人は考え方が近いようですので、お金持ちになれる人の生活習慣を3つ、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

習慣1:支出のコントロールが上手

お金持ちになる人の多くは、支出のコントロールが上手く、無駄遣いが少ないのが特徴です。元記事では、格安スマホに切り替えることを勧める80代の女性がいたと言うことで衝撃ですよね。80代でスマホを使いこなしているのも驚きですが、きちんと格安スマホなどへの切り替えもできていると言うのは意識の高さを感じます。

もちろん、お金持ちの人たちは、ただ単純にケチケチしていると言うわけではありません。長年使えるものだなと感じたものには、多少高くても大きな支出をするようにしている人が多いのです。

お金持ちほど、お金を何に使うべきかと言うのを理解しているので、支出のコントロールができる人がお金持ちになれると言えるのではないでしょうか。

習慣2:取るべきリスクを取って、避けるべきリスクを避ける

お金持ちはほとんどお金を持っていません。現金を持つのではなく、資産を持っていると言う人がほとんどです。資産形成を通じてお金を働かせると言うのが資本主義社会におけるお金持ちになるための鉄則です。

そのために、不動産投資や株式投資など、スタイルは人によって異なりますが、資産形成の核として若いころから続けてきた手法をお持ちです。私の場合は米国株投資がそれに当てはまるのでしょう(まだ10年ほどしか続いておりませんので、核と呼べるか分かりませんが)。最近は不動産投資にも興味を持っており、物件を調べたりしていますが、株式投資を主力として続けていく気持ちに変化はありません。

長年投資で資産を築いてきた彼らにとっては、移りゆく他の投資方法に浮気をすることはあまりないようです。自分が資産形成をするにあたって確立してきたその範囲で十分にお金持ちになれることが判っているからなんですよね。

だから、投資対象や方法をコロコロ変えるということはベテランほどやらないものだと思います。新しく生まれた投資商品や、投資方法はそれが避けるべきリスクなのかどうかの判断が付きづらいというデメリットがあります。取るべきリスクと避けるべきリスクの判断基準が自分自身の中にはっきりとあるから、惑わされることなく着実に資産形成を進めることができたのだろうと言えるでしょう。

投資の神様、ウォーレン・バフェット氏も、以下ような教訓を教えてくれています。

自分の能力の範囲で投資しなさい。その範囲が大きいかどうかは問題ではない。どれだけ“はっきりと線が引けるか”が重要だ

自分の能力の輪っかを決め、その中で投資をし続けることを投資の神様が言っているのですから、取るべきリスクと避けるべきリスクを一人ひとりがハッキリと持っておくべきなのは確かなことなのだと思います。

習慣3:経験の中でつかんだ成功セオリーを持っている

これは、習慣2とも通じることかもしれませんが、一人ひとりの投資方法が違うのは、一人ひとりが成功に至るまでの筋道が違うからです。私は株式投資でそれなりに資産を築くことができ、ある程度は再現性があると考えているからすべての人にオススメしていますが、「いやいや。株式投資なんかより不動産投資のほうがオススメだよ」という意見もあるかもしれません。

長年の投資経験を積まれてきたからこそ、自分なりの判断基準があって、考え方に合う、合わないがすぐに決められるのだと思います。

「まだ早いとは思ったのですが、いずれ今の家では段差もあって住みづらくなるだろうから、高齢者用のマンションを買いました」

「ご主人が病気になったのをきっかけに、万が一の相続で引っ越すことも考えて、自宅を売ったらどの程度の値段になるか調べました」

資産家の方ほど、自分に将来どんなリスクがあるかを考え、回避するために先回りして行動が起こせるのも、お金持ちの人に共通の特徴です。私も今は賃貸マンションに住んでいますが、いずれは高齢者用のマンションを買うことになるかもしれません。首都圏の郊外であれば、それほど田舎感を感じることなく便利でありながらもあまり高すぎない家を買うことができるのではないでしょうか。

自分のライフプランがハッキリとしているから、このように先回りの行動を取ることができると言えるでしょう。これは、自分自身が成功するまで経験を積まないと判断できない場面もあるかと思います。ですから、少しでも若いうちから投資経験を積み、自分で考えて資産形成に励み、行動に移すことが大変重要だと私自身も思います。

まとめ

いかがでしょうか。お金持ちになれる人がどのようなことを考え、行動に起こしているかということがお分かりいただけたのではないでしょうか。習慣3にあるような成功セオリーを取得するためにも、まずは自分自身で経験を積み重ねることから始めなければなりません。そのために、始めは習慣1の支出コントロールから始め、徐々に資産運用に力を入れていくことで将来あなたもお金持ちになれる可能性があるのだと私は思います。

↓ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↓こちらもワンクリックいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました